税務研究会様税理士懇話会東京鈴木正孝先生事例検討会

 税務研究会税理士懇話会の東京鈴木正孝先生の事例検討会でした。
 広島、札幌と続いて、東京会場での司会進行を担当しました。
 正孝先生とは、札幌から2度目です。

 さすがに東京会場は、ご出席の先生が多く、
 会場は、びっしりです。

 正孝先生は、前日の大阪会場から連続のご担当で、
 前日は、会場からのご質問が多く、時間オーバーになってしまわれたと伺いました。

 東京も、大阪に負けず劣らず、質問が多い会場です。
 そのため、午前中から、スピードを早めて進めたのですが、
 なんと、最後が15分ほど、余ってしまいました。
 
 そこで、全体を通じてのご質問を募ったところ、
 たくさんのご質問がいただけたため、
 正孝先生には、余計にお答え戴くことになってしまいました。

 相変わらず司会進行がヘタで、申し訳ありませんでした。
 でも、ご質問を下さった先生方、そして正孝先生、
 ご対応いただけて、とても嬉しかったです。

 また、事例やご質問の中には、昨日決定された平成29年度税制改正大綱で
 改正項目として挙がっている全世界課税を受ける相続税の納税義務者の改正や、
 広大地の改正に関わる点もありました。
 こうした点も、今後押さえていかねばなりません。 

 受講者の先生方、鈴木正孝先生、ほんとうにありがとうございました。
by expresstax | 2016-12-09 23:47 | パブリッシング

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax