裸の王様と「身綺麗」、そして溜池のアメリカデイゴ

 桝添さんが辞表を提出したとかで、一連の問題に決着がついたようです。
 
 世の中は、参議院と都知事選挙で、また頭一杯になるのでしょうが、
 JOCの2億3千万円の資金や東京都の18億円は、
 クレヨンしんちゃん騒動の蔭で、どうなっちゃったのでしょうか。

 ☆  ☆  ☆

 トップというのは、
 24時間働いて、
 24時間考えて、
 何を見ても、何を食べても、何に触れても、
 24時間、全身全霊、渾身の力を振り絞って、経営をやってくものなので、
 9時5時の時間観念や金銭観念だけでは行動できません。
 いわば24時間が「公」なので、公私混同もないのです。

 それがトップであることの証明です。
 その重い荷を背負って奮闘するのがトップです。

 ☆  ☆  ☆

 それでも、公職にあるからには、

 それなりの身辺の整理整頓、
 つまり、トップであるほど、「身綺麗にする」ことが必要だったはずでした。

 ☆  ☆  ☆
 
 側近の補佐官さんたちは、
 ただ、一緒に視察旅行して、一緒に美術館を巡って、
 トップが変われば、瞬間、隊列の向きを変える赤い兵隊さんたちでしょうが、

 トップ自身が無我夢中でなりふりかまわず、整理整頓できなくても、
 身辺の側近さんや家族は、
 例えば子供の漫画本の、そのお金がどこから出ているか、
 心配するくらいでなければ、お役目は果たせません。
 
 最後、誰も守ってくれない結果になったのは、
 なぜだったのでしょう。
 なかなか切ないものですねぇ。。。。

 ☆  ☆  ☆

 溜池の国際ビル周辺のアメリカデイゴの花が、真っ盛りです。
d0054704_10531566.jpg

























 この真っ赤な花が咲くと、夏ですね。
d0054704_10545852.jpg

 



























 右から、キョウチクトウと、シャクナゲと、アメリカデイゴの、
 夏の花の揃い踏みです。
d0054704_10565962.jpg
 



 
 



































 

by expresstax | 2016-06-15 23:02 | プロフェッショナル  

<< 税務研究会様講演東京会場、そし... 消費税再延期で他の特例はどうな... >>