税務研究会様講演はまず広島

 税務研究会様の税理士懇話会拡大セミナーを、
 広島-大阪-東京-名古屋-福岡で開催、
 テーマは、「厳選!資産税事例研究 小規模模宅地特例編」。
~税理士が悩んだ事例を元国税当局担当官と専門家が検討~です。
 国税出身の鬼塚太美先生と私とで担当します。

 鬼塚先生は、国税庁審理室や評価企画官室、税務署長・国税不服審判所所長などを歴任なさり、
 資産税では第一人者の先生です。
 法律ベースで条文から丁寧にご説明下さる解説はとても明解で、私は大ファンです。

 今回は、光栄にも、鬼塚先生のお供をさせていただく機会をいただきました。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 まずは広島会場。
 前日から、鬼塚先生と税務研究会担当者様と一緒に広島に向かい、
 綿密な打合せ(つまり、吞み、食べ(^^;ゞ)をして、臨みました。
 はい、打合せに、広島の新鮮なお魚やみっちゃんのお好み焼きが登場したのはいうまでもありません。

 懇話会会員先生たちからの質問事例をベースに、
 鬼塚先生がご回答くださるのを、飯塚が司会兼実務点のツッコミ役を勤めました。

 また、講義出席者様からのご質問を事前質疑として受け付けていましたから、
 それには、飯塚が回答させていただき、鬼塚先生のコメントを仰ぐという流れです。

 小規模宅地特例の事例については、
 その宅地の権利関係や親族の身分関係、利用関係の時系列での判断が極めて重要です。
 予め、弊社でパワーポイントに事例を図解に落とす作業を担当しました。
 これには、弊社Mさんが大活躍で、パワーポイントを作成してくれました。
 広島会場は、映写ができなかったので、配布させていただきました。

 ほとんど、実験のような今回の講演スタイルでしたので、
 どうなるか、予測不能でしたが、(^^ゞ
 ご出席の先生方は、とても熱心にご聴講くださいました。
 
 ありがとうございました。
 
 ☆  ☆  ☆

 宿泊ホテルからの広島の街並みです。
 瀬戸内海、そして原爆ドームも見えます。
 アメリカ大統領オバマさんの訪問から6日。静かです。
 こんなに美しい平野と河と山の街に、エノラ・ゲイは爆弾を落としたのですね。(-_-)#
d0054704_10372828.jpg

by expresstax | 2016-06-02 23:53 | パブリッシング  

<< 税理士懇話会様大阪講演、そして通天閣 平成28年度不動産税制の手引き... >>