税理士飯塚美幸のひとことメッセージ

by expresstax

サントリーホールオープンハウスと第九

 先週の土曜日、ご近所であるサントリーホールのオープンハウスがありました。
 1日、開放して、ミニコンサートやミニ音楽体験ができちゃいます。
 アークヒルズは、桜祭りなので、屋内での音楽、桜坂巡りでの桜見物と、一粒で二度美味しいのです。
 今年は、いつもの悪友の呼びかけで、出身事務所の大先輩もご一緒いただきました。

 ☆  ☆  ☆

 今年の圧巻は、「第九を歌おう!きいてみよう!」という企画でした。
 当日申込した参加希望者さんたちがベートーベン交響曲第9番第4楽章をノーカット演奏、合唱します。

 ステージはオーケストラだけなので、
 あれ、合唱者は?と見ると、ステージ後ろの2階席にぐるりと、
 左がソプラノ、中央左がテノール、中央右がバス、右がアルトと(第九並びですね。(^^))、
 総勢410人の参加者が威風堂々、居並んでいました。壮観です。

 そしてオーケストラとプロのソリスト4人の後ろで、始まった合唱は、見事なものでした。
 自身もフルート奏者の悪友に言わせると、サントリーホールで歌えるんだよ、とのこと。
 胸も張ろうというものでしょう。
 本当に、歓喜の歌を高らかに歌い上げます。
 もちろん、全部、ドイツ語です。
 何らの打合せもリハーサルもなしに当日募集で合唱できる人たちが、こんなにいることにびっくりしました。

 終わって、ホール前で、いつものバッハさんと、記念写真を撮りました。
 毎年、三楽聖=バッハ、ヘンデル、ベートーベンの扮装のホール職員さんが、
 楽しく案内してくれるのです。

 バッハさんの指導によれば、
 写真を撮るときは、チーズ!でもなく、ワイキキ~、でもなく、
 「一、二、サントリー!」です。
d0054704_2193462.jpg
 
























 バッハさんに、第九の参加者さんのことを話しましたら、
 「日本だからです!」と即答が返ってきました。
 第九を即座に歌える層が分厚く存在している、音楽リテラシーの高さは、
 日本ならではなのだとのことで、嬉しくなってしまいました。

 ☆  ☆  ☆

 帰りは桜見物です。
 アークヒルズのカラヤン広場を出て、スペイン坂を上り、泉ガーデンをぐるり、
 スペイン大使館前から霊南坂を回り、桜坂へと下ります。
 ずっと、桜、桜、桜のアーチが続きます。
d0054704_21251942.jpg

























 ☆  ☆  ☆

 打ち合わせたわけでもないのに、全員が、プレゼント持参でした。
 私もお菓子やごまふりかけをいただきました。
 ありがとうございました。
 来年も、また、行こうね!
d0054704_2127745.jpg


















 
by expresstax | 2016-04-04 23:52 | 折りにふれて