スマップ報道と消えた年金7兆円、そして残り雪   

2016年 01月 21日

 SMAP(スマップ)の解散報道が賑やかで、
 結局、独立や解散は見送り、となったようですが、
 芸能プロダクションの内側が透けて、

 人の心に、鎖は付けられないのに、と痛ましく見ています。(-_-)

 大貫剛さんという方のツイッターが挙がっていました。
 「みんな、わかったかい?
 花屋の店先に並んだ花はどれもみんな世界にひとつだけの花だけど、
 一番偉いのは、『花屋』なんだよ」

☆  ☆  ☆

 安部総理を始め、閣僚が事件の解消を、よかったとコメントしたそうです。

 この騒動の蔭で、株式市場の変動でGPIFの運用損= 「消えた年金」は2週間で7兆円突破という
 報道が、隠れてしまいました。

 GPIFとは、
 ”Government Pension Investment Fund
 (ガバメント・ペンション・インベストメント・ファンド、直訳すると、政府年金投資基金)”
 = 「年金積立金管理運用独立行政法人」が運用担当する政府のファンドです。

 日本の厚生年金と国民年金資金を管理運用するこの政府ファンドの年金資金は、
 国内外のほとんどが民間に委託され、投信で運用されています。

 いわば、国民の将来の年金原資であり、 
 投資先の半分を株式へと路線変更し、
 この数年で、運用130兆円、世界第2位の規模を誇る、とまで増大してきたのですが、 
 昨年8月以来の株価変動で、影響が始まっています。

 株価変動は、投資家からは、儲けたの損したの、の一喜一憂で済むのでしょうが、
 年金資金の損失となると、それどころではありません。

 SMAPのお蔭で、GPIFが問題にならず、国会解散問題も取りざたされず、よかった、と言ったのか、
 それとも、SMAPは2020年の東京オリンピックでの登用が内定していたらしいので、
 解散回避でよかった、のか、わかりませんが。

 それにしても、東京オリンピックには、SMAPも48歳のおぢさんたち。
 「国民のアイドル」と言われても、つらいものがありますよね。
 でも、彼らは、その道を選んだのですね。。。。

 ☆  ☆  ☆

 事務所ビルの空中中庭に残った雪です。
 雪だまりはまだまだ残っています。
d0054704_9541221.jpg

by expresstax | 2016-01-21 23:48 | 資産運用

<< 平成28年度美術品の償却資産申... 社会保険未加入事業者の加入促進... >>