株式激落、そしてカナヘイカレンダー

 株価が激落しています。
 1万7千円切りも目前で、まだまだ下がりそうです。
 株式や投信で投資をなさっているお客様達は、ハラハラなさっているのではないでしょうか。

 以前からの方は、平成25年利益確定後に積み上がった値上がりが目減りして、口惜しい、
 その後に投資に入られた方は、せっかく上がったものが、戻ってしまい、とりあえず塩漬け、
 目減りはしたけど、長期投資で、積み増ししていくつもりの方には、
 下がって買えるので良い材料、と、むしろどこまで下がるか、買いのタイミング待ち、というところでしょうか。

 上がったら売り時、
 下がったら買い時です。

 昨年の弊社セミナーで、さわかみ投信の澤上先生がおっしゃっていたように、
 上がったときに、薄く売って、キャッシュポジションを確保しておき、
 下がったときに、買いに入り、原価下げを行う、という定石です。

 ☆  ☆  ☆

 日経平均やダウ平均は、ほとんどが機関投資家の、秒単位での利ざや判断で動きます。
 中国不安やイスラム問題、北朝鮮問題など、国際関係の変動や
 経済の動きに反応して、ドル平均や円相場は、ドラスティックに動くのです。
 その動きに、プライベートな資産運用を行う個人や法人が、惑わされてはいけません。

 日本の上場会社も世界経済のアオリでアップダウンしますが、
 自社のマーケットや製造サプライへの影響による変動かどうか、見極めが必要です。

 ただ、心配なのは、株式市場が険悪になると、
 企業の時価が下がると、担保評価が下がり、
 景気に悪影響が出ることです。
 特に、不動産への影響は顕著になるはずです。

 このままなら、日銀や政府が、何らかのてこ入れをするでしょうから、
 その動きう反応も見る必要があります。

 注視していきましょう。

 ☆  ☆  ☆
 
 友人から、昨年もらっていた今年のカレンダーです。

 イラストレーターのカナヘイさんのラインのスタンプがお気に入りで、使いまくっていたら、
 見つけて送ってくれました。
 ありがとうございます。

 事務所の机の上で、和ませてくれます。
d0054704_1044266.jpg


















 このウサギとピスケ(左の鳥さん)のカップルが とてもいいのです。
 ありがとう!
d0054704_1047645.jpg

by expresstax | 2016-01-15 23:09 | 資産運用  

<< 社会保険未加入事業者の加入促進... 税務研究会様講演、そしてJR在... >>