資産税事例検討会研修、そしてお茶の水のクリスマスツリー

 1日かけて税務研究会さんの税理士懇話会研修に、事務所メンバーと一緒に参加しました。
 講師は、鬼塚太美先生。
 一昨年にも受講させていただき、それ以来です。

 今回の事例は、弊社のこの数年の案件と、かなりカブる事案が多く、
 とても有意義でした。

 ☆  ☆  ☆

 未分割一次相続財産の二次相続時での一人遺産分割の可否について、
 居住の意義についての小規模宅地特例と住宅ローン控除と居住用財産の譲渡特例での扱い、
 使用貸借に係る使用貸借通達当時からの議論の論点整理、
 建築基準法上の道路でない通路に付された路線価への対応、などなど、

 根拠法や課税庁サイドの考え方や発想についての
 とても明解な解説は、さすがに鬼塚先生ならではと、とても勉強になりました。

 会場で、
 相続税で特定居住用宅地の小規模宅地特例を使いたいがために、
 妻がいながら、自分のマイホームを離れて、実家の母上と同居「したことにした」人が、
 それだけでは「弱い」と、なんと、妻と偽装離婚したところ、
 本当に離婚に至ってしまった、という実話が出て、
 
 鬼塚先生が、「高い相続税でしたね」と、ポツリとコメントされたのが、
 大爆笑でしたが、
 いえ、笑えない話ですね。
 
 最後にメンバーも一緒にご挨拶させていただき、光栄でした。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 帰りの新お茶の水駅サンクンガーデンのクリスマスツリーです。
d0054704_19422937.jpg



 



























 

by expresstax | 2015-11-18 23:19 | 相続・贈与  

<< マイナンバー通知書の不在通知は... お客様の告別式、そして富士山と... >>