耐震化推進条例違反建物は公開、そして七夕

 東京都では、耐震化推進条例を制定。
 特定緊急輸送道路沿道建築物の所有者に対し、耐震診断の実施を義務付けています。

 特定緊急道路、つまり、建物が倒壊して道路が封鎖されたら、災害対応に支障を来たす、という 
 大通り沿いの建物が対象です。

 対象の建築物のうち、平成27年4月末時点で既に約90%が耐震診断に着手しているそうです。
 耐震化ではなく、診断だけ、その費用も、都から補助というおんぶにだっこの制度なのですが、

 それでも、耐震診断に応じない建物があるんだそうで、
 東京都は、とうとう、診断もしない建物を来年の3月31日まで、公表しました。
 15の市区にわたる36棟です。

 と、いっても、住居表示のみで、ビル名も所有者名もなし、なのですが、
 住居表示ですから、グーグルマップなどで、検索すれば、すぐどの建物かは、わかります。

 もちろん、耐震診断に応じないだけで、耐震性に欠けているいうわけではないでしょうが、
 こうした建物のテナントさんや居住者さんは、
 ちょっと注意して、見てみる必要があるでしょうね。

 ちなみに、港区には1棟もなし、です。

 ☆  ☆  ☆
 
 こないだ作った七夕飾りが、区のお役所に飾られていました。
 短冊も増えていますね。(^^)
d0054704_18293813.jpg



























 
by expresstax | 2015-07-07 23:27 | 財産評価

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax