固定資産税課税台帳の閲覧、そして台風の日は日和見   

2015年 05月 12日

 お客様のご自宅を訪問しました。
 ありがとうございました。
 新たにご契約いただき、今後、財産改善を図っていただきます。

 ご当主様とお会いし、
 ご案内いただいて、ご資産の現地の状況を確認させていただくことができました。

 お話しの中で、土地や建物について、ちょうど今、縦覧期間中なので、
 評価替えになった今年平成27年の固定資産税の評価を確認したいね、ということになり、

 お役所がすぐそばだから、とのことで、
 さっそくその場で、一緒に、固定資産税評価の閲覧に行こうということになりました。
 いいフットワークです!

 これまで、課税台帳の閲覧はなさっていないとのことですので、
 良い機会なので、一度、ご一緒に閲覧に行っていただき、
 窓口でどのように話し、手続し、交渉するかをご体験戴ければ、

 今後は、お客様ご自身でお役所に行って、
 台帳閲覧の請求や交渉をしていただけるようになるかもしれません。

 ご当主様までご同道下さるとのことになり、委任状を作る必要もなく、
 みんなでワイワイと出かけました。

 お役所の窓口の担当官は、ちょっと面食らったようでしたが、
 採用路線価と、評価のプロセスについて、説明してくれました。

 ただ、区によって、課税台帳計算書の提供の仕方はさまざまです。
 この区では、画面プリントをそのまま出してきました。
 見ると、標準地選択や格差率についての補正が不足しているようです。
 とりあえず、閲覧コピーのみ受け取って、
 後で検討しましょうということになりました。

 こうして、みんなでワイワイわちゃわちゃと調べたり、検討したりして財産改善をしていき、
 そのプロセスで、ご親族の考え方や気持ちを理解しあったり、
 確認しあったり、深めたり、していけるのです。

 だから、ご資産の問題解決って、張り合いがあって、楽しくて、感動的で、
 そしてなにより、お得!なんです。

 これから、ひとつひとつ、進めていきましょう。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 夜は台風が来ると聞いていたものの、
 雨降ってないよね~、と空の様子を見て、

 夜7時半頃になって、やっぱ行こう、とジムに向かうと途中から雨。
 地下鉄では、交通が乱れるから早く帰宅せよ、とのアナウンスが流れ、
 駅に着くと、もう強風と雨でした。
 
 引き返すワケにもいかず、ジムに直行しましたが、
 スタジオレッスンの予定は、バックレて日和見(ひよりみ)を決め込み、
 お風呂だけザブッと入って、またもや傘の骨が折れそうな風雨の中を、
 ほうほうの体で帰ってきました。
 































 

 


 

 
 

 

by expresstax | 2015-05-12 23:48 | 固定資産税

<< 意思決定税務には悪魔の弁護人、... 社長が住む街ランキング、そして... >>