日経BPネットに掲載されました。そして庭園巡り

 日経BPnet「税制メリットを考慮しながらマンションを購入する方法(後編)」が掲載されました。
 編集のS様、ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 ところで、記事の中に、「タワーマンション節税」に触れた部分があります。

 タワーマンションの実勢価格と相続税評価額がかけ離れており、
 相続税「節税」のために購入しても、他の不動産に比べ、相続が終わってからの換金性が高い、と
 「節税」ブームに乗って業者さんの宣伝も盛んです。

 記事にはでていませんが、取材の際は、
 貸したり住んだり実際に利用すること、かつ、相続のドタンバではダメ、と注意をさせていただいていました。

 ☆  ☆  ☆

 いわゆる「タワマン節税」というと、平成23年7月1日の裁決の否認事例があります。

 平成19年7月 父が入院し、
      翌8月 タワーマンション(六本木ヒルズレジデンス30階らしいとのことです。)を
           2億9,300万円で購入、
      翌9月 父死亡相続開始、
 平成20年2月 売却を業者に依頼
        7月 相続税評価額5,802万円で申告、
       同月 2億8,500万円で売却
    (税務調査)
 平成22年4月 異議申立、棄却
        7月 審査請求
 平成23年7月 評価額を取得時の2億9,300万円とする裁決確定

 父入院後あわてて購入、相続税申告期限まで待って売却など、
 その間、マンションは未利用、父は一度も訪問していない、など、
 とてもわかりやすく、ドタンバのバレバレの「節税」対策です。

 一般的にはマンションの資産価値に着目して取得するのだと思いますが、
 こんなケースと一緒にされないようにしてください。

 ☆  ☆  ☆ 
 
 ゴールデンウィークに、恒例、お庭巡りに出かけました。
 今年は、六義園から旧古河庭園コースです。

 六義園です。
 自宅からは、南北線で一本です。
d0054704_23391119.jpg
















 六義園は、江戸期の柳沢吉保の下屋敷だったそうで、小石川後楽園と二大庭園といわれていたそうです。
 明治維新後、三菱の岩崎弥太郎さんに買い取られ、昭和になって東京市に寄贈され、
 東京大空襲も受けなかったとか。

 園内に30mは越す圧倒的な高木が多く、感心していたのですが、こうした理由だったのですね。
 正門すぐのしだれ桜です。 大きいです。
d0054704_23554157.jpg
 

















 お池を臨んで、吹上茶屋ではお抹茶をいただきました。
d0054704_23533239.jpg

















 大泉水という池です。手前が蓬莱島です。
 ツツジが綺麗でした。ドウダンツツジは終わって残念。さつきがこれからですね。
d0054704_00522.jpg






















 六義園から旧古河庭園は徒歩15分ほどです。
 ハシゴをすると入園料が割引だそうで、行こうぜ!ということになりました。
 旧古河庭園正門です。
d0054704_04072.jpg






















 陸奥宗光の邸宅を、次男の養子先の古河財閥が買い取り、
 財産税の物納で、国有財産化、東京都に貸し出されたのだそうです。
 建物は、先日の綱町三井倶楽部と同じジョサイア・コンドル博士の設計です。
 正門奥の馬車回りから、馬車道で裏門まで進めるようになっています。
d0054704_102864.jpg





















 こんなに大きく多彩な菖蒲は、初めて見ました。
d0054704_121596.jpg
















 洋館下の洋風庭園では、折しも、バラの開花が始まって、
 見事な色と香りのたくさんのバラが迎えてくれました。
d0054704_154122.jpg

















 西洋庭園の下が日本庭園になっているところは、綱町三井倶楽部と同じです。
 こうした作庭が普通だったのでしょうか。
d0054704_184221.jpg





















 灯籠や石、ひとつひとつが財閥の威を誇るように、とにかく巨大です。

 後ろを歩いていた若い男性が、「公害で稼いだ金で作った庭だよ」と
 同行の彼女さんらしき人に説明をしていました。

 うんうん、確かにその通り、と聞きました。足尾鉱毒事件は当時の古河鉱業がその犯人です。
 こうした若い人がいることで、ちょっとホッとしました。
 



 
 



 





 

by expresstax | 2015-05-07 23:51 | 財産評価

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax