税理士飯塚美幸のひとことメッセージ

by expresstax

絶対に否認されるとして絶対に否認する、そしてサントリーホール

 確定申告が終わって、税理士法人さんからお客様に控えが戻されて、
 それをごらんになるのでしょうか。
 
 弊社の担当ではないお客様の確定申告の件で、
 ご質問が入ってきたりします。

 控除を受けられる内容なのに、
 「確定申告書が戻ってきたら、こんな数字になっていたんですが。。。」

 お話しを伺うと、
 お客様の提示した数字を否認して、お客様に説明なく、その処理を進めているようです。

 国税さんに「絶対に否認される」として、
 会計事務所が「絶対に否認」する、という、
 よく聞くパターンです。

 特に、確定申告の時期は、税理士事務所は繁忙期。
 忙しいという理由で、お客様にご説明したり、判断を仰ぐということが難しかったのかもしれませんが、
 
 しかし大きな数字で、かつお客様が気になさっていることであれば、
 そこは、きちんとコミュニケーションを取るべきです。

 ご相談者様には、
 よく事務所さんとお話しをして、必要な手続をとっていただけるようにお願いしました。

 お客様のお困り顔に、こちらも、困ったなあと考えています。

 ☆  ☆  ☆

 以前、同じような場面で、
 よく事務所さんと話して解決すべきこととアドバイス申し上げて、
 お客様が会計事務所を育てるのだとお話ししたことがありましたが、

 その後、そのお客様から、事務所を育てようにも限度があるのですよ、と言われてしまい、
 また困ったなあと考えています。

 がんばりましょうね。。。。。

 ☆  ☆  ☆

 4月の最初の土曜日は、アークヒルズの桜祭りとサントリーホールのオープンハウスです。

 例年なら、お花見ピークなのですが、今年は、あっという間に満開が過ぎ、
 かなり散ってしまっていますが、歩道は花びらの絨毯です。
 写真は、泉ガーデンギャラリー方面です。
d0054704_049448.jpg





















 指揮者体験コーナーやオルガン&オーケストラ・コンサートなどなど、楽しさ満載。
 でも、どうしてどうして、指揮台に上がった人たちのパフォーマンスは秀逸、
 荘厳なパイプオルガンソロも、なかなか聴けないプログラムです。
d0054704_13533.jpg
by expresstax | 2015-04-06 23:54 | 税理士