不動産投資、そしてオータニの八重桜

 お客様達から不動産投資のご相談が次々に入ってきます。

 経営改善が進み、財務に余裕が出てきて、
 地価が上がり、不動産価格が上がり、
 やっぱり良い不動産がほしい!建てたい!ということのようです。
 素晴らしいです!

 とはいえ、不動産の投資には、よくよくの調査と検討と計画化が必要です。

 よくある相続「税」対策で、建物を建てれば税金を圧縮できるだの、
 住宅を建てれば固定資産税が軽くなるだの、
 イメージだけで決めるのではなく、必ず実際の数値、
 つまり、利回りや資金収支、金利や減価償却での税負担の反転ポイントの把握など、
 を実際の物件数値で試算して判断することです。

 ご自身の土地に建築する人が、利回りを建築資金ベースだけでとらえるのも、NGです。
 土地は相続で取得していたとしても、土地を時価で購入したものとした利回りが投資判断の基準です。
 建物価格だけで、利回りを計算すれば、高くて当たり前。

 でも、将来、その不動産を土地建物ごと売却しようとした時に、
 買主は、土地建物での投資利回り判断をするからです。

 そのときに、建物だけで投資判断していた物件は、競合物件に比べ、見劣りがするのは必定です。 
 いや、売ることはないよ、と思っても、
 正常な資産投資の判断を押さえておくことは重要なのです。

 また、不動産は、都心部は現在かなりの高値圏に入っています。
 仮に東京オリンピック2020年前でピークを迎えるなら、
 その後の下落も想定しなければなりません。

 いずれにしても、具体的な数字ベースで考えることです。
 一緒に進めていきましょう。

 ☆  ☆  ☆

 ソメイヨシノが散って、八重桜の季節に入りました。
 恒例、ホテルニューオータニ周辺の桜見物に再出撃しました。
d0054704_20435180.jpg
 
















 ボンボンのような可愛い桜さんです。
d0054704_2112082.jpg





















 
 

 

 
by expresstax | 2015-04-20 23:22 | 不動産

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax