東京買い、そして神宮外苑

 自宅マンションで、最近しばしば、外国人の内覧客グループと遭遇します。
 マンションの購入に当たって、物件の下見をすることを内覧といいます。

 以前は、日本人の仲介業者さんらしき人が案内していましたが、
 最近は、案内する業者さんも外国人。英語と器用な日本語でテキパキと説明しています。
 グループに日本人やアジア人らしき姿はなく、アングロサクソン系の外国人ばかり。

 まさに、円安・金利安ニッポンの「東京買い」です。

 自宅と同じ広さの別階のお部屋が売りに出され、数年前の分譲時の倍近い価格に、
 呆れかえりました。クレージーでさえあります。

 お客様と不動産の話題になったときに、その話を申し上げましたら、
 「利益確定したらいいじゃないですか!」と言われましたが、
 売ったら住むところがなくなってしまいますとお答えして、笑われました。
 冗談ではないのです。

 相続税対策で、「タワマン(タワーマンション)節税」なる言葉が登場していますが、
 表面利回りが3%だのの、こんなクレージーな価格で買って、
 持ちこたえられるはずもありません。

 呆れた状態ですが、まだまだ加速しそうです。

 ☆  ☆  ☆

 原稿5件のうち3件まで進みました。
 あと、2つ。
 がんばります。。。。

 ☆  ☆  ☆

 チャリで通った神宮外苑の銀杏並木です。
d0054704_2352789.jpg
















 絵画館です。
d0054704_2350071.jpg
by expresstax | 2015-01-26 23:25 | 不動産