今年1年、ありがとうございました。そして麦の唄

 今年も終わり。

 新たなお客様との出会いをたくさんいただき、
 光栄なご依頼を受けさせていただいて、
 1年があっという間に過ぎました。

 信託や一般社団法人関連の業務を、お客様や司法書士先生、公証人先生たちと実行し、
 複雑なご相続の申告や権利調整関連、自社株調整関連の業務を成し遂げるなかで、
 ノウハウと仕組みを蓄積することができました。

 相続税増税の前年ということで、
 2月に、共著本の「平成26年度税制改正の実務と徹底対策」(日本法令)
 3月に、単著本の「小規模宅地特例-実務で迷いがちな複雑・難解事例の適用判断」(清文社)
 9月に、単著本の「税理士のための相続税実務Q&A-贈与税の各種特例」(中央経済社)、と、
 年3冊の単行本の執筆をしたのは、初めてのことでした。

 また、税理士会様の講演をこれまでになく担当させていただきました。
 多くの先生たちからご質問やご相談を戴く中で、
 さらに深耕し、またそれを先生方やお客様にフィードバックする循環ができました。

事務所主催でお客様セミナーを開催したのも、現体制になってから初めてでした。お客様からたくさんのお褒めの言葉を頂き、みんなで力を合わせて、ホテル会場の確保や運営の仕組みができたことが、今後の礎になると思います。

 そんなこんなで1年、バタバタとしていましたので、
 前事務年度以前に、論点てんこ盛りの申告書を多数提出していたにもかかわらず、
 税務調査が1件もなかったのは、正直、時間的にとてもありがたかったです。

 お客様と、事務所メンバーと、多くの先生方に支えられて、何とか1年を無事に終わります。ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 個人的には、スポーツジム通いが習慣になり、
 「運痴(ウンチ)」だった自分が、体を動かすことが大好きになりました。
 スポーツジム通いの先輩である悪友のお蔭です。

 勇気を出して、コンサートの遠征にも行きました。
 これも、教えてくれた悪友のお蔭です。

 ありがとう!

 また、4月以降、港区の高齢者さんへのボランティア活動に参加しました。
 毎月数回ずつのボランティアの中で、認知症サポーターになるなど、
 いろんな方々とお会いし、いろんな勉強をしました。

 ありがとうございました。

 新しい体験をして、新しい細胞を作り出して、新しい自分を実現していく、

 時にズッこけたり、頭を抱えたり、ヘコんだり、自分を蹴飛ばしたりしながらも、
 よりお役立ちできる人間へと、自分を鍛えていく、

 そんな日々を、これからも送っていきたいと思っています。

 今年1年、ほんとうにありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 ファン歴、数十年の中島みゆきの「麦の唄」。
 NHK紅白で歌われ、さっそくユーチューブに上がっていましたので、貼り付けます。
 NHKさんの著作権でしょうから、いつまで有効か、わかりませんが。

 「そこを越えておいで。くじけないでおいで。」

 

by expresstax | 2014-12-31 23:46 | 折りにふれて

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax