東税協様講演、そして自転車専用区分道路

 東京税理士会協同組合様の講演に伺いました。
 テーマは、相続対策です。
 
 毎年7月頃に担当していましたが、今年は7月が難しかったので、10月にしていただき、
 もう第5弾、つまり5回目です。

 今年も100人を越える税理士先生方のご出席をいただき、 もう5回にもなると、飽きられてしまうかなあとも思ったのですが、
 とても熱心にお聞きいただき、
 休み時間と講演後には、たくさんの先生方が列を作ってご質問とご相談をくださいました。
 ありがとうございます。

 最後尾の方の先生方は、ずっと待っていただくことになり、心配しましたが、
 お待ちくださって、ご質問くださいました。
 申し訳ありませんでした。
 
 ご質問をいただいて、時間の制約で言葉足らずだったなと思う部分がいくつかありました。 
 一般的な形で、このブログで取り上げていこうかと思っています。

 また、講演内容と関係なく、お持ちの事案についてご相談下さった先生もいらっしゃいました。

 ありがとうございます。
 こうしたご相談も大歓迎です。
 一緒に知恵を合わせ、力を合わせて先生方の案件解決のお手伝いをさせていただけるのは、
 とても光栄に思っています。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 普段、都心部の移動には、雨でない限り自転車を使っています。
 以前はそうでもなかったのですが、最近身体を動かすのが楽しくなってきて、ますますチャリ派です。

 今日ではないのですが、電チャリで走っていて気がつきました。

 幅の大きな歩道の自転車通行部分の区分は前からありましたが、
 車道の左部分に、自転車専用とした区分ラインが引かれています。
 これは日比谷通りの日比谷公園わきです。
d0054704_1875120.jpg




















 虎の門ヒルズの周辺には自転車専用レーンが設定されていて感激しましたが、
 特に、霞ヶ関周辺、虎の門周辺には、かなり増えています。

 道路の左路肩ギリギリを走る車両がとても多く、
 自転車で車道左端を走るのに、通れないじゃん!とか、怖いよ~!と冷や汗をかくのもしばしばです。
 
 でもこうして、自転車専用部分が設けられていると、さすがに、それ以上寄ってくる車両はないので、
 安心です。
 自転車の事故が多いと報道されていますが、
 そもそも人と自転車と車両が混在した交通路が多いことが原因でしょう。

 自転車は、エコと健康の代表ツールですから、
 こうした流れは大歓迎です。

 
 
 














 

by expresstax | 2014-10-16 23:46 | パブリッシング  

<< 相当の地代の2つの見方、そして... 提案、実行、提案、実行、そして... >>