税理士飯塚美幸のひとことメッセージ

by expresstax

日経新聞に掲載されました。そして皆既月蝕

 日経新聞平成26年10月8日号朝刊のM&I(お金と投資)欄に取材記事が掲載されました。
 テーマは生前贈与です。

 先日出版した贈与本での贈与税の非課税特例についてご覧戴いて、取材を受けたものです。
 贈与するなら、賢く、大局観と主導性を持って。
 編集のG様が、とても的確にまとめて下さいました。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 今晩は、皆既月蝕、とのことでした。

 皆既月食と新月は、それぞれ月が消えちゃう現象だけど、
 どう違うの?とわいわい調べたら、

 
 新月は、 太陽−月−地球 と並ぶ。
 地球から見える月面に太陽の光が当たらないので、結果として月は見えない、と。
 つまり、地球から月の裏側を見てるから。

 皆既月蝕は、太陽−地球−月 と並ぶ。
 太陽の光でできる地球の影が月に落ちて、月が短時間見えなくなるんだそうです。

 ☆  ☆  ☆

 夕方、事務所窓から、少し赤みがかった月が東の空に上がってくるのが見えました。
 その下は、東京駅のサウスタワー、ノースタワー、手前は皇居の緑です。
d0054704_03266.jpg

























 夜は、電チャリを走らせて東京税理士会館で研修受講し、
 その帰りに月を探しながら走ったのですが、見当たりません。
 
 ようやく戻った自宅マンションから、浸食の始まった月が見えました。
 写真では小さく見えても、とても明るいです。
 話に聞いていた赤銅色という色ではないですね。明るいです。
d0054704_0373457.jpg




















 拡大して撮しました。この後、あっという間に雲に隠れてしまいました。
 月の輪郭が見えて、確かに地球の影が月に映っているんですね。d0054704_041288.jpg
by expresstax | 2014-10-08 23:14 | パブリッシング