出張月間スタート!そして端末のリモートシステム   

2014年 07月 03日

 午前中にお客様宛に財産目録を大至急送付、
 事務所を飛び出て、羽田へ。

 7月は、税務署さんは10日の人事異動、その後の着任と調査対象選定と実地調査がスタートします。

 昔は、税務調査は、8月のお盆明けくらいで調査対象選定、実地調査は、9月くらいから始まっていたものですが、なんたって、今は人手不足、どんどん前倒しになっています。

 とはいえ、この7月は、基本的に税務調査は少ないので、
 税理士先生には、安心してお勉強に集中できる期間ということで、
 税理士先生のまとまった研修が、この期間は、目白押しです。

 自分も、例年は、7月上旬の日本税務研究センター(賛助会員です。(^^ゞ)の
 軽井沢の全国合宿に参加、まったりと集中してインプットに努めてきました。

 でも、今年は、日本税務会計学会のF先生から研修講師を仰せつかり、
 あちらこちらと飛び回ることになりました。(>_<);

 ☆  ☆  ☆

 良い仕入ができなければ高い売上が上がらないように、
 インプットのないアウトプットは、つらいものですが、

 反対にアウトプットのために、大車輪でインプットしたり、
 あるいは、すでにインプットして実践したり活用したり教訓化したものを、
 ご説明できるように、応用できるように、理論化、ビジュアル化していく作業をしていくことで、
 実務を総整理したり、新しい理論に出会ったり、応用のヒントを思いついたり、
 さらに、次のより高次の業務をお客様に提供できるようになります。

 講演の際にいただく先生方からのご質問は、まさに現場で起きている喫緊のテーマですから、
 一緒に考える中で、また新たな解決法を模索したりできます。

 そんな思いで、お引き受けした研修講師です。
 いつも通り、本当にヘタクソな講演をバシバシ叩いていただいて、
 いい意見交換、切磋琢磨ができたらいいなあと思っています。
 よろしくお願いします。m(_ _)m

 ☆  ☆  ☆

 ところで、こうした出張中、これまでならお仕事が中断していたのですが、
 なんたって、今年の7月はお仕事がてんこもり。
 出先でお仕事ができるように、代表がサブノートパソコンにリモートコントロールの設定をしてくれました。

 今はどこでも、インターネット接続ができるので、
 出先のサブノート端末から、セキュリティガードしつつ、事務所サーバにアクセスして、
 事務所の自分のパソコンと全く同じにお仕事ができるようになりました(画面は1画面ですが。。。)。
 ありがとうございます。。。。。

 端末に各種ソフトをインストールすることも、
 データを送信しあうことも、同期させる必要もなく、共有化ができています。

 これは、弊社顧問先のシステム設計のお客様が、
 ウチ(税理士)用に開発してくれたシステムです。
 低価格なのに、非常に汎用性があって優秀です。
 士業向けに絶対売れますよ、とお伝えしているのですが、欲のない会社様です。。。。

 ふだんから、自宅からのアクセスは、これでやっていました。(^^)b
 あ、ご興味のある先生がいらしたらお尋ねください。会社様をご紹介します。(^o^)/

 
 また最近は、先進的なお客様とは、クラウド共有で、
 同じ保存ボックスの同じデータにアクセスして作業ができるようになっています。
 これもリモートを通じて、事務所にいるのと同じようにできます。
 携帯電話からもアクセスしてデータをみることができます。

 今回、とうとうリモートシステムがサブノートにも設定されたので、
 これで、お仕事から、逃れられないできることになりました。。。;;;;
 がんばります。。。。

by expresstax | 2014-07-03 23:15 | お仕事

<< 出張講演、そして地域一番店 相続税調査のSOS、そしてあり... >>