相続人様に嬉しい財産? そして雨の日はジム風呂

 ご相続に関わっていらっしゃる税理士先生からご相談をいただきました。
 ありがとうございます。

 不動産所有の会社株と不動産物件を相続したのが、
 会社経営も不動産賃貸経営も、相続人様は全くの未経験のご令嬢。
 相続手続と物件の更新や名義変更手続きで、大パニックになってしまったそうです。
 まして不動産は、それぞれ事業物件なのですから、
 その管理のストレスは、一般人にはハンパではないはずです。

 法人を解散してしまって個人成りした方がよいだろうか、というご相談でしたが、
 個人成りの手続を、業者さんとの対応でパニックになっているお嬢様に
 今の段階でご提案するのは、おかわいそうに思います。

 個人成りしたって、持ち続けるならば、不動産管理は継続しなければなりません。
 まずは、管理の負担から解放してあげるのが最優先。
 管理のプロにお願いしてしまって、オーナーは、一切表に立たずに済むようにしてあげてください。
 テナントや取引業者に一面識もなくても、賃貸経営は可能です。
 オーナーは、通帳と管理業者さんの月次レポートだけみていればよい、という状態にできるのです。

 外部業者さんへの管理料はかかるでしょうが、それはコストとして割り切るのも財産判断です。
 ご相続人様が、自分に不向きな方法を継続してしまうのは、人生として不幸なことです。
 
 税理士先生には、状況を理解して動いてくれる賃貸管理のプロをご紹介することになりました。

 ☆  ☆  ☆

 まずは、現在のパニックの消火活動をして、
 落ち着いてきたら、現在の状況で継続してもよし、
 個人成りしてもよし、
 それでも負担だったら、不動産を売却してキャッシュに換えてしまってセイセイするもよし、
 ゆっくり考えていただければ、よいことです。

 案外、経営が好きだ、という才能に気付くかもしれず、
 あるいは、相続財産からは自由になりたいと願うかもしれず、
 相続人様ご自身が、自分の大事な人生として、
 じっくりゆっくりお決めになっていただけるよう、
 先生は、おそばでしっかり寄り添って差し上げて下さい。

 それに、今回は貸付不動産のようですから大丈夫と思いますが、
 相続直後、相続税の申告期限(ご逝去日から10ヶ月)までの資産の組換えや変更は、
 場合によっては、相続税の減額特例である小規模宅地特例で不利益になることもあります。
 組換えや変更は、せめて一周忌明けぐらいまではよくよく検討して、
 拙速にならないようにしてください。

 少しクールダウンしていただいて、
 ご相続後の大変な時期を、安心して乗り切っていただけるように、
 お願いします。

 
 ☆  ☆  ☆

 親御様から財産経営についての引継や教育を受けていなかった、突然のご相続。
 今後、こうしたケースは、もっと増えるでしょう。

 相続人様にとって、いくら財産価値があっても、その後、管理ができるかどうかは別問題です。
 親御様は、嬉しいはずだ、と思っていたとしても、重荷にしかならない財産は多いのです。

 でも、それも、相続人様のご性格やライフプラン次第。
 あわてずに、大切に解決していくしかありません。

 それに、そんな場合のサポートの仕組みは、周囲のプロにとって大事なビジネスになるはずなのですが。
 どうなのでしょうね。

 ☆  ☆  ☆

 大雨です。

 1日飛び回って、夜、ジムに行きました。
 もうトレーニングの時間がないので、大浴場にザブン!
 ジムのお風呂は、アメニティフリー(バスローブやバスタオル、シャンプーや基礎化粧品が備え付け)で、
 手ぶらでも行けてしまう各種サウナ付きの石風呂です。
 お風呂で手足を伸ばし、サウナで汗を流すだけでも、リラックスできるので、
 雨の日は空いていることをよいことに、まったりしてきました。(^^ゞ















 
 
 
 
 
 
 

by expresstax | 2014-06-06 23:07 | 相続・贈与  

<< 市街化調整区域のあれやこれや、... 現地調査と火事、そしてイングリ... >>