平成26年度税制改正大綱決定、医療法人の相続贈与納税猶予制度も   

2013年 12月 12日

 自公税調さんで、平成26年度税制改正大綱が決定され、さくっとネットにも公開されました。
 
 内容のポイントは、昨日ここに書いた通りです。
 
 目先のポイントとしては、

1.会員権譲渡の損益通算不可とされるのは、平成26年4月以降の譲渡で決まったこと。
  あわてないで、じっくり売って下さい。

2.マイホーム買換特例は、平成26年1月以降譲渡は上限が1億円以下になるため、
 1億円超で1.5億円以下の買換特例希望者さんは、年内譲渡が必須となること。
 こちらは、ダッシュで対応してください。

3.医療法人の贈与税・相続税の納税猶予制度が追加されます。
  現行の納税猶予制度は、経産省所管なので、中小企業が対象で、医療法人は除外されていたんです。
  対象になる認定医療法人の要件がどうなるか、ですね。

 気になる消費税の軽減税率は、10%上昇時へと先送りです。
 
 地方税や市街地再開発事業への買換えの制限など、ちくちくと、気になる項目も入っています。
 事務所ニュースにまとめてお知らせしますね。

by expresstax | 2013-12-12 23:13 | 税制改正

<< 医業承継の相続税納税猶予・免除... 平成26年度税制改正の大枠が判明 >>