年賀状異見、そして平河町から紀尾井町

 小さな会社の社長様と税理士の打ち合わせ時の会話です。

社長  :そういえば、もう年賀状を準備しなくちゃならないんだ。
     どんな年賀状にしたらいいんだろう。

税理士1:年賀状の印刷発送の費用は、損金で落とせます。
     デザイン?それは税務とは関係ないですね。

税理士2:虚礼廃止ですよ、虚礼ハ・イ・シ!

税理士3:季節の挨拶なんですから、来年の干支にちなんで、
     ウマと梅でいいんじゃないですか。

税理士4:ウチは、暑中見舞は出してないんですよね。
     年に1回のせっかく費用を使って出すんだったら、
     当社の来年の方針や計画・姿勢を、
     取引先や従業員に伝える良い機会です。
     ついては社長、来年の方針をどう表現しますか?

 どの回答が欲しいかは、社長様の好みです。はい。(^^)b

 ☆  ☆  ☆

 午後は、不動産流通近代化センターさんで、
 不動産コンサルティング技能士試験の試験委員の会議でした。

 平河町から紀尾井町へと坂道を下って帰りました。

 プリンスホテル跡地に曳き家されている旧李王家東京邸です。
d0054704_026296.jpg



















 平河町から紀尾井町へ続く坂の途中は、左がイチョウ。
 緑の葉は、陽当たりがよかったのでしょうね。
 ほとんどの樹は、黄葉の末期。足下はイチョウの葉の黄色い絨毯です。
 右にケヤキや桐。見附脇の古い木々です。
d0054704_0223724.jpg

















 弁慶橋の下は、弁慶堀。
 夏に繁茂した水藻が、まだまだびっしりです。d0054704_029184.jpg

by expresstax | 2013-12-09 23:38 | 税理士  

<< 平成26年度税制改正の大枠が判明 相続税小規模宅地の通達発遣、そ... >>