相続事案の立証、そして赤坂見附の冬桜

 先日からのお客様のご相談について調べていました。
 進行事案ですので、詳しく書けませんが。

 
 ごれまでご相談になっていたいくつかの専門家からはある解釈がなされていたのですが、
 ?? ちょっと気になって、調べてみることになったのです。

 よくよく調べてみると、とんでもない落とし穴がありました。
 専門家の先生たちは、ここに落ちたのです。

 資料を入手し、検討すると、お伺いしていた税額や手続きが、大幅に異なることになります。
 うっかり専門家の解釈に乗ってしまうと、
 お客様はとんでもない回り道と税負担を負うところでした。
 ご相談いただいて、なんとか水際で食い止められそうで、なによりでした。

 とはいえ、我々は、プロの税理士です。
 お客様に100万が一にも、税務上のトラブルにさせるわけにはいきません。
 複数の専門家が、誤った解釈をしてきたということは、
 課税庁が、同じように誤った解釈をしてくる可能性がなきにしもあらずだからです。

 否認されてから蟷螂の斧(とうろうのおの=小さな力)を振りかざしたところで、
 そのプロセスは、お客様にとっては、大変な重圧になります。
 税務では、可能なら、一発で、是認を取らねばなりません。
 石橋を叩いて渡る慎重さが求められます。
 
 そこで、「ある方法」により、立証強度を高めよう、ということになりました。
 今日は、その想定通りの結果が届きました。
 よし!!ゴーサインです。

 これで安心して前に進めます。
 良かったですね!!

 がんばりましょう!

 ☆  ☆  ☆

 赤坂見附の交番脇の冬桜が、今年も咲いています。
d0054704_1483934.jpg
















 そばの歩道橋から、激写!しました。
 可愛いです。今年も、会えたね!!
d0054704_1521874.jpg
by expresstax | 2013-11-25 23:27 | 相続・贈与

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax