税務調査の新しい是認通知書式、そして赤坂御苑はお忙し

 相続税調査が終了し、税務署からお客様に是認通知が送られてきました。
 是認=つまり、当初申告でオッケー!という税務署からの通知です。
 お客様が、写しを送って下さいました。
 ありがとうございました。 

 文書名は、
 以前の「調査終了のお知らせ」とは全く異なり、
 「更正決定等をすべきと認められない旨の通知書」と、
 法文(国税通則法74の11)そのまんまのストレートなタイトル、

 そして「下記の内容について、国税に関する実地の調査を行った結果、更正決定等をすべきと認められませんので通知します。」という文章に、税目と課税期間等の表。
 めっちゃ無愛想な通知書です。

 以前のように、おしまいに「今後も税務行政にご協力を」なんて文章もありません。

 納税者さんにとって、

 「更正決定等をすべきと認められない旨」という表現で、すぐさま
 「ちゃんと適正に申告しましたね、問題ないですよ、
  これで調査を終わりますよ、ご協力ありがとうございました。」と、理解できるのか、

 親切じゃないなあ、と思います。
 もちろん、通則法にしたがって、法律文書として出さなくちゃという趣旨はわかりますが。

 ☆  ☆  ☆

 赤坂御用地の御苑周囲にテントが張られ、慌ただしくなりました。
 接客室のお客様と経過観察しています。(^^ゞ
d0054704_037019.jpg
by expresstax | 2013-10-24 23:56 | 税務調査

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax