相続税の税務調査終了、そして出張の満月   

2013年 09月 22日

 相続税の税務調査が終了しました。

 そもそも、ほぼ3年ぶりの臨場調査でした。
 相続税申告はたくさん提出したのに、
 電話での確認調査が1度ありましたが、臨場調査はゼロ。
 その意味では、ヒサビサでした。

 局調査(所轄税務署だけでなく国税局が関与する調査)です。
 臨場調査を含め、いくつか確認があり、報告し、の結果、
 結果説明の連絡がありました。
 
 ☆  ☆  ☆

 平成25年1月以降、改正国税通則法にのっとって、
 調査の手続き方式が、従来と変わりました。

 調査通知から始まり、事前説明、そして終了通知まで、
 新しい方式で、適法にきちんと行われました。

 弊社は、社内はもちろん、お客様にも新しい方式を周知徹底、レクチャーさせていただいて、
 いました。

 その結果の結果通知(国税通則法74条の11「調査終了の際の手続き」)です。
 「結果説明です。調査終了です」と所轄担当官から電話がありました。
 法律では、「更正をすべき点は認められない旨を書面により通知する」とされていますので、
 その点を聞きますと、はい、送付します、とのことです。
 
 以前は、是認通知(「調査終了のお知らせ」)は、要求しないと出してこなかったのですが、
 さすがに法制化されましたので、必ず出されます。
 書式は、新法の文言通り、つまり従来とほぼ同じか、変わるのか、楽しみですね。

 調査が終わって、相続人様全員に是認通知が届けば、
 立ち合いなさらなかった他の相続人様も安心なさるでしょう。

 よかったです。
 お彼岸に、亡きお父様に良いご報告ができること、なによりでした。
 これからも力を合わせて、がんばっていきましょう。

 ☆  ☆  ☆

 先週は、出張。
大変お世話になり、ありがとうございました。
 宿泊先からの夜景です。照明が映り込んでいますが。
d0054704_03451100.jpg




















 大きく丸い月が迎えてくれました。
d0054704_035163.jpg
 



























 
 

by expresstax | 2013-09-22 23:08 | 税務調査

<< 固定資産税過誤納還付要綱の改正... 生活費の贈与非課税、そして港区... >>