税理士飯塚美幸のひとことメッセージ

by expresstax

生活費の贈与非課税、そして港区のトンデモなタバコ要綱

 収入がある家族の生活費を、世帯主が全額負担するって、どうなんでしょう?というご質問。
 今日も受けてしまいました。

 先日、経済誌の編集者様からも同様のお話があって、
 
 これまでにも、複数回、税理士先生達から、税務調査で言われてるんだが、どう対応したらいいだろうというご相談を受けて。

 そして、今日のご質問です。

 んー。

 ここでもこれまで触れていますが
 当然に非課税なので、贈与や貸借の関係にはなりません。(相続税法第21条の3 贈与税の非課税財産)

 もし、税務署さんがそのような議論を「ふっかけて」きたら、
 生活費を、家族が収入割合に応じて負担しなければならない、という法律があるなら、
 見せて下さい、と答えましょうか。

 家庭内の自由、自治の問題です。
 とやかく言われる筋合いはありません。

 以前、国税OBのK先生が、老人ホーム入居金贈与の事件で意見書を書かれた話をなさったときに、
 私の娘は、自分の給料は自分で使って、クリーニング代まで私に払わせるが、
 私が娘からクリーニング代を回収できるわけもない、と
 愚痴ともつかぬ例え話をなさっていました。

 つまり、そういうことです。

 がんばりましょうね。

 ☆  ☆  ☆

 赤坂見附の交差点、地下鉄から上がるエレベータ周囲は、大スモーキングエリアになっています。
 そもそもは、この向こうにタバコのゴミ箱が置かれ、
 指定喫煙場所になっているからです。
 写真には、あえて、モザイクをかけません。
d0054704_021441.jpg
















 エレベータを使わなければならない高齢者や障がい者がエレベータから降りたとたん、
 黄色の誘導路を進もうとすると、
 思い切り、タバコの煙の猛襲を受けることになります。
 逆に、この猛煙をくぐってエレベータに乗る高齢者や障がい者はいないでしょう。

 青山通りへの交差点を渡ろうと信号待ちの歩行者に、副流煙が襲いかかっています。

 結果的に、区が誘導しての、タバコ被害。
 港区の要綱「みなとタバコルール」が、むしろ、被害を拡大させているとしかいえません。
 困ったことです。
by expresstax | 2013-09-18 23:52 | 相続・贈与