業績悪化と自然発生借地権、そして7/11の野菜販売?   

2013年 06月 24日

 譲渡と借地権についてのご質問でしたが。
 ありがとうございました。

 長らく社長様個人の土地に、会社が店舗を建てて事業展開。
 しかし、もう10数年、赤字続きで、
 その土地建物を売却して会社の借入精算をしようということです。

 会社は、繰越欠損がてんこ盛りあります。

 会社が、社長様の土地に会社建物を建てたのは、昭和中期。
 これ、借地権が発生していたんですね。

 ところが、この数年は、地代支払いをストップ。
 だけでなく、未払地代計上していません。
 つまり、使用貸借状態になっているんですね。

 もったいない。。。。

 自然に会社に付着していた借地権を主張するには、賃貸借を解消してから、
 長すぎます。

 売買で、出てくるのは、土地の含み益ですから、
 会社に借地権あり、となれば、会社の売却益。
 過去の繰越欠損金で、法人税をチャラにできます。

 でも、借地権なしとなれば、全部、社長様の譲渡課税。

 会社の借入の保証人になってるでしょうから、
 せめて所得税法64条の保証債務履譲渡場合の求償権の行使不能の特例で、
 保証債務の立替弁済分は、譲渡収入をなかったものとみなして、
 譲渡課税を圧縮することはできそうです、が、それでも譲渡税は出ます。

 借地権があれば、全部非課税にもできる事案です。
 もったいない。。。。

 地代ったって、せいぜい固定資産税のウン倍払っておけばよいので、
 せめて未払経理だけでもやっていてくれればと、う-、口惜しい。
 残念です。。。。

 ☆  ☆  ☆
 
 資産はない、商売だけ!という会社様はともかく、
 会社であれ、社長様であれ、資産を持っての経営の場合は、

 大事なのは、損益だけでなく、
 資産負債のマネージメントです。

 目先のことで、将来の可能性を逃さないように、
 資産関連で、何かアクションするときは、
 それが、止めるときでも、
 ちょっと、セカンドオピニオン、とってください。
 もったいない、ですから。。。。

 ☆  ☆  ☆

 お休みの日に、
 赤坂通り沿いのセブンイレブン前が賑やかです。
d0054704_1545475.jpg




















 お野菜や卵が激安。
 地元のおじいちゃま達が、群がっていました。
 販売しているのは、セブンイレブンのお兄さんたち。
 ローソンが、野菜を扱ったりしてますが、
 セブンイレブンも、こんなこともやるんですね。

 もしかしたら、産直の場所貸し、なのかも。
 
 ☆  ☆  ☆

 赤坂サカスのサカスマルシェは、1年ほどで、立ち消えました。
 アークヒルズのヒルズマルシェが、今も賑わってるのと対照的です。

 赤坂にも、こんな産直が増えれば、いいですね。

  

by expresstax | 2013-06-24 23:30 | 法人税

<< 税研研修、そしてオラクルさんの... 教育資金一括贈与が1千億円突破... >>