資産税の税理士ノート

スキー&スノーボード2004-2005

相続部隊の増強?そして赤坂御苑の赤

 先日の日経新聞に、全国の税理士法人や金融機関が、
 相続税対応部門を強化、受注の争奪に対応しているとの記事がありました。
 平成27年から相続税の課税最低限が下がりますので、
 相続税を納税する人が激増することが見込まれていますから、
 ビジネスチャンス!とばかりに準備をするのは、当然なのでしょう。

 増税を迎えるまでもなく、弊社ではもう既に、ご相続の手続や申告のご相談やご依頼が
 ますます増えています。

 年間に亡くなる人は、平成7年頃の80万人からこの数年は120万人以上へと激増し、
 相続手続きや相続税納税の裾野自体が膨らんでいるのです。

 でも、採用を増やし、急遽相続法や相続税知識を叩き込んで人員増強を図って、
 どうかすると、お願いするお客様の事案が、
 新人さんたちのオン・ザ・ジョブ・トレーニング=On the Job Training=実地研修の
 踏み台代わりになってしまうのではないか、
 そんな不安を感じます。

 また、相続や相続税「だけ」の知識を付け焼き刃で学んだ人たちが、
 「相続専門」を謳うお仕事は、
 ほんとうに相続人様たちの人生のおためになるのか、
 これも疑問です。
 相続のお仕事は、そもそもが、税務だけでなく、法律や人生や資産の運用や、
 さまざまな要素がからむ、いわば総合業務です。
 相続法や相続税のわからない専門家も困りますが、
 相続法や相続税しかわからない専門家も困ると思うのです。

 相続部隊を増強して、新人さんを増やして、受注争奪戦をして、という展開に
 ちょっとハラハラします。

 基軸を揺るがすことなく、
 これまでも、これからも、しっかりお客様をお支えした業務を進めていきたいと思うのです。

 ☆  ☆  ☆

 赤坂御用地内の赤坂御苑の
 お池の周りに、丸い赤がぽこぽこ。
 アップで撮ってみました。ツツジですね。
 
 赤坂御用地は、見事な緑の森を形成しているのですが、 
 ただ緑が豊かというより、
 手入れが素晴らしいのです。
 植栽の剪定もさることながら、1片のごみや落ち葉さえ見当たらないほどの行き届いた手入れです。
d0054704_1483845.jpg




















 
by expresstax | 2013-05-30 23:08 | 相続・贈与
<< 株式保有特定会社の50%基準へ... テナント審査と不動産のプロの成... >>



税理士飯塚美幸のひとことメッセージ
by expresstax
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
自己紹介
税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。
最新の記事
タグ
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism