イギリスの相続税制についての小代久美子先生のご講演   

2013年 05月 28日

 先週は日本税務会計学会の学会報告に出席するために、電チャリで、千駄ヶ谷の税理士会館へ。
 新事務所からは初めてです。
 お仕事でギリギリになってしまい、電車ではもう間に合わない、と
 電チャリに飛び乗りました。思った通り15分弱で到着しました。

 外苑東通りを北上して国立競技場を回れば、すぐ千駄ヶ谷の駅です。
 そこから新宿御苑沿いを走ると東京税理士会館です。
 青山一丁目から絵画館を経て国立競技場までは、緑の街路樹並木の美しい道筋ですから、
 もう、雨が降らないかぎり、電車乗り換えながらのチョイスはありませんね。

 講師は税理士受験校時代からの長ぁいつきあいの小代久美子先生です。
 イギリスの相続税制についてのご報告をいただきました。
 早稲田の博士課程で研究中の素晴らしい先生です。

 米国のように、原則としてプロベイトの手続きが必要とのことで、
 そうか、アメリカはイギリスから独立した国だったと思い出しました。

 原書を読みこなしながらのレポートということで、素晴らしいです!
 ありがとうございました。
d0054704_221218.jpg

by expresstax | 2013-05-28 23:58 | 相続・贈与

<< テナント審査と不動産のプロの成... 馬券裁判とニュースの選択、そし... >>