税理士飯塚美幸のひとことメッセージ

by expresstax

NISAって、なに~さ(^^ゞ 、そして清澄庭園

 5月に入って、各銀行さんから、バラばらっとダイレクトメールが。
 中身はほとんど、同じ、NISA(日本版ISA)で、資産運用を!というものです。

 来年平成26年1月1日から、上場有価証券の配当金課税や譲渡益課税が、
 現行の10%から20%へ倍増するのと見返りに、
 500万円までの少額投資については非課税にします、というのが
 平成22年に法律だけできていて、平成25年度改正で拡充した日本版ISAです。

 ISA(Individual Savings Accountインディビデュアル・セイビングス・アカウント=個人貯蓄口座)とは、イギリスで国民の4割が利用するようになったとかで、
 その成功例をまねっこして導入されたんですね。

 その日本版が、NISA(にーさ)なのだそうです。ニッポンのNですね。

 平成26年1月1日以降、20歳以上なら誰でも口座開設して、年間100万円まで購入、
 累積500万円までの投資の運用益、
 つまり、
 インカムゲインである配当、
 キャピタルゲインである売却益が非課税になるんですね。

 そんな制度を作っても、去年までの低配当時代・値下がり時代ですと、
 ふんっ(-_-)、てなものでしょうが、
 昨今の株価上昇状況が、来年も続くなら、選択肢に上りますね。

 年間投資額が100万円までなので、
 来年以降の孫への非課税枠内での贈与資金を、
 お孫様が、NISAで運用というケースもでてくるでしょうか。

 ただ、あくまで投資課税10%源泉分離廃止、申告分離20%課税化とのバーターですから、

 それなりの資産運用をなさっている方には、
 この小さいアメをナメて、ムチの痛みに耐えよ、という話です。

 つまりは、来年までに、投資税制対策、ちゃんとしなくちゃ、ということです。(^^)b

 ☆  ☆  ☆

 みどりの日の、恒例庭園巡り。
 今年は、深川の清澄庭園に行きました。

 紀伊國屋文左衛門の屋敷跡が久世下総守の下屋敷に、
 その後明治になって岩崎弥太郎が会社の厚生施設としたという歴史なのだそうです。
 
 あの、鳥カゴかついでいた弥太郎が、なんて言ってはいけません。 
 関東大震災では被災者救護、その後、東京市民に寄付してくれたんだそうです。
d0054704_23462023.jpg




















 富士山だそうです。
 全国各地の名石がそこかしこにあります。
d0054704_23475181.jpg






















 雲が映って、穏やかな日です。
d0054704_23492298.jpg





















 今年は花が早かったようで、咲いているのはわずかでした。これは藤棚。
d0054704_23502091.jpg























 紫蘭(しらん)の群生です。
d0054704_23555461.jpg





















 さくらんぼも。
d0054704_2356377.jpg




















 鯉のえさはお麩でよかったそうです。
 今度は持ってこよう。
 とても大きな鯉がたくさんいます。
 黄色いお口が、つばめの子みたいですね。(^^)
d0054704_00573.jpg


















 鴨さんと亀さんと鯉さんです。
 亀がたっくさんいます。
 泳いでいる実物の亀を見たのは初めてです。(^^ゞ
d0054704_011228.jpg
by expresstax | 2013-05-09 23:12 | 資産運用