資産税の税理士ノート

スキー&スノーボード2004-2005

ご報告は上2桁で

 お客様とお話しするとき、
 ご報告書を作るとき、
 お客様にお伝えする数字は、上2桁でお話しします。

 12,345,678円、なんてのは、1,200万円。
 901,234円は、90万円、
 567,890,123円は、5億6千万円。

 1桁までの数字を、ぴっちり書かねば気が済まない。
 それは、いわば会計人の性(サガ)ですが、
 
 お話ししたり、お伝えしたりは上2桁で、十分なんです。
 上2桁で、あらあら把握していれば、誤差があったって、数%の範囲です。
 
 それよりも、厳密な数字にこだわって、数字が頭に入っていないことの方が問題です。

 ご報告書に細かな数字を並べれば並べるほど、
 数字は、お客様の頭をスベり、意識化することが難しくなります。

 このことは、お客様にとっても同じです。

 細かい数字の計算は、税理士に任せてしまえばよろしい。
 それよりも、ご自身の昨年の収入がいくらで、納税額がいくら、
 限界税率がいくら、実効税率がいくら、という数字は、頭に叩き込んでください。

 昨年の年商の上2桁を、粗利の上2桁を、どれだけ数字で伸ばせるか、
 そのためにどんな仕組みをつくるのか、
 それが経営です。

 100万円の修繕費が全額経費となれば、
 限界税率43%の人なら、実質57万円でその修繕ができることになります。

 この数字の感覚を頭の中でコントロールできるようにしましょう。
by expresstax | 2013-03-27 23:19 | プロフェッショナル
<< 税理士業界の「あるある話」、そ... 財形年金貯蓄制度の理解と誤解、... >>



税理士飯塚美幸のひとことメッセージ
by expresstax
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
自己紹介
税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。
最新の記事
タグ
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism