税理士飯塚美幸のひとことメッセージ

by expresstax

冬柏(ふゆがしわ)

 自宅マンションの公開空地は、その傾斜を利用して大きく作庭されています。
 その一角に、枯れ葉の茂った樹の一群が。
d0054704_181778.jpg
















 右手に見えるのが、柏の木です。
 冬柏といいます。
 左側のモミジなど、常緑樹以外はみな葉が落ちているのに比べ、
 枯れ葉が茂っているのがわかります。

 男の子の成長を祝う端午の節句に、
 柏の葉にお餅が包まれます。

 冬柏は、凍てついた冬の間も、枯れながら葉を落とさずに茂り続け、
 春になって、新芽が出ると、一斉に葉を散らします。

 後継者の成長を確かめるように散っていく冬柏の葉は、
 だからこそ、事業承継の象徴とされているのです。

 事業は、漫然と承継されるのではなく、
 こうして、茂る夏も、枯れての冬も、
 次代を育て、見やる想いの連鎖なのです。

 この柏の群の向こうは、赤坂議員宿舎に地続きなので、
 この冬柏は、おそらく議員宿舎からも見渡せるでしょう。
 どんな思いで、議員さんたちが、見ているのか見ていないのか、
 
 このマンション自体も、路線価の高さから、
 相続税対策で買われているお部屋がたくさんあるとかで、
 寒風に立つ冬柏を眺めて、 
 ちょっと感慨にふけっています。
by expresstax | 2013-02-05 23:49 | 相続・贈与