不動産オーナー様新年セミナーと新年会、そして成年後見   

2013年 01月 12日

 今年も不動産オーナー様の新年総会の講演に伺いました。
 入会資格5棟10室以上所有という
 大変意識の高い不動産オーナー様の勉強会です。
 まだ若い後継者様たちが、その新年会のご準備の幹事です。

 毎年受任している新年講演と、その後の新年会でのご挨拶を担当しました。
 ありがとうございました。

 今年は税制改正がまだ議論中ですので、
 テーマは、リクエストをいただいて、相続後の対応!
 相続については、相続対策のテーマをいただくことが多いのですが、
 相続後の対応について、書籍などでは書かれていない点まで細かくみていただきながら、
 相続後を円満に円滑に有利に進めるための対応も逐次盛り込みました。
 関連して、メディア報道されている著名人の相続事例を盛り込んでみました。

 講演後の新年会は、いつものセレスティンホテルでのパーティ。
 さっそく会員様たちのご質問やご相談が続きました。
 主催者様が、食事がとれなくなると心配してくださいましたが、
 大丈夫です。
 ご質問やご相談をお受けするのが「三度のメシ」より好きなんです。(^^ゞ

 こうしたご相談には、こちらの頭はフル回転。
 会員様の言葉と、表情と、ご様子も拝見しながら、
 可能な限りのご回答と、解決法をお伝えします。

 短い時間でも、お話をお聞きして、ほんのちょっとのヒントになって、
 少しでも問題解決に進んでいただければと思います。

 工夫をなさったというたっぷりの美味しいお食事とおいしいワインも
 楽しくいただきました。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 ご相談の中で、つらかったのは、
 親御様の後見でご苦労なさっているケースが多いことでした。
 講演でその点について触れましたので、ご相談が多かったのかもしれません。

 現在の成年後見制度では、親御様が意思能力を喪失し、
 後見人を立てられると、事実上、財産はフリーズしてしまいます。
 それも、現在の長寿社会では、後見に入ってから、10年20年以上続きます。

 対応は講演でお話ししたように、すべて、意思能力あるうちの対策です。
 後見に入ってしまうと、それでは解決になりません。
 
 当面の、可能な限りの解決法はお伝えしましたが、
 ぜひとも、問題を多くの方に知っていただいて、
 未然に防止していただきたいと思います。

by expresstax | 2013-01-12 23:30 | パブリッシング

<< 時間 相続単行本、着々、そして「レ・... >>