税理士飯塚美幸のひとことメッセージ

by expresstax

不動産コンサルティングと太陽光発電、そしてチョコサンタ

 不動産コンサルティング技能試験は、
 試験合格と宅建または不動産鑑定士の登録後5年の実務経験で、
 不動産コンサルティング技能登録者として、登録できる制度です。
 
 平成19年以降、この試験の試験委員を拝命しています。

 今日のその会合で、委員の先生方とおしゃべりしていて、
 太陽光発電のお話がでました。
 
 都心部であれば、ビルやマンションの屋上は、
 まさに、未利用空間。
 そこに太陽光パネルを設置して、電力を売ることで、空間を活かした収益とする、
 あるいは自分で機械を設置しないのであれば、「屋根貸し」もある。

 郊外であれば、未利用の原野を利用する。
 S先生のお話では、長野の美ヶ原でその挑戦が始まっているとか。
 
 売電価格が現在の42円/kWより多少下がっても、十分に採算のとれるビジネスなのだそうで、
 不動産コンサルタントは、新たなビジネスを巻き起こすべし、
 そして、太陽光発電は、不動産ベースの新たなビジネスそのものだと。

 確かに、製薬会社さんなど、工場社屋に一面に太陽光モジュール(パネル)を設定して、
 クリーンエネルギーを訴えて自社のイメージアップとしています。

 ちょうどグリーン投資税制について論稿を書いていたところでしたので、
 びっくりしてお話を伺いました。
 現実は、さらに加速しているのですね。

 ☆  ☆  ☆

 太陽光発電で、「屋根貸し」が始まっているのだそうです。
 屋上のスペースを貸す、専門業者さんがパネルを設置して、売電するのですね。
 
 かねてから、日本の建物の屋上は、汚いなあ、と悲しく思っていました。
 欧米の都市の航空写真を見ると、屋根がシンボリックに造形され、
 美しい都市景観の大きな役割を果たしています。 

 日本のビルやマンションは、ファサード(外壁)は美しくデザインされていても、
 屋根は、ほとんど、防水加工しただけのコンクリートと、機械設置所のようになっていて、
 あるいは、へりポート(Hマーク)や救助スペース(Rマーク)となっていて、
 全く美しくありません。

 ということを東大の伊藤滋先生がおっしゃっていて、
 そうだそうだ!と思っていました。

 でも、反対に考えれば、デザインされていない屋上なら、
 パネル設置も、自在にできるでしょうから、
 これは逆転の発想かも、とも思います。

 論稿を書いていて、太陽光モジュールの製作メーカーさんに取材したところ、
 既存のビル・マンション屋上への設置は、屋根の内側に設置するので、限度があるが、
 新しい建物の場合は、太陽光モジュール自体が屋根として設計されるものもでているのだそうで。
 従来の瓦屋根に比べ、はるかに軽い素材なので、建築への負荷は少ないのだそうです。
 その分、後付けの屋上設置型は、風圧抑制が必要なのだとのこと。

 こうして、研究されていって、日本の汚い建物屋上の名誉挽回ができれば、
 もちろん太陽光モジュールも美しく設置されるという前提ですが、
 これはいいかも、なんて考えています。

 ☆  ☆  ☆ 

 事務所のクリスマスツリーに、チョコレートのサンタさんや雪だるまくん、
 長靴ちゃんがつきました。ドイツのチョコなんだそうです。
 Fさんが、買ってきてくれました。
 ありがとうございました!
d0054704_144818.jpg

 





















 
by expresstax | 2012-12-10 23:13 | 不動産