借地の無償返還契約書、そして永田町の紅葉

 お客様からご質問をいただきました。
 ありがとうございます。

 自己所有地に借地権を設定して同族の法人との賃貸借契約を締結するにあたり、
 無償返還条項を盛り込んだ賃貸借契約書を作成しようとして、
 ネットや書籍で調べたが、全く出ていない、
 どうしよう、というご質問です。

 建物所有を目的とする借地借家法に基づく土地賃貸借契約を結ぶ際に、
 借地権を設定しない取引というのは、原則として、ありません。
 借地権利金取引の慣行のある地域でありながら、
 むざむざタダで借地権を譲る地主さんはいないからです。

 同族関係者だからこそ成立する取引であり、
 少数派のレアな取引です。
 なので、ネットにも、一般の契約書雛形集などにも、掲載されていないのです。

 しかし、同族関係者間取引だからこそ、
 お手盛りの都合のいい取引を認めると、課税上不公平になってしまうと、
 税務上は、厳格な基準で運用されています。

 反対に、同族間取引であるのに、
 一般の民間同士の取引と同じように設定してしまうと、
 大変な不具合が生じます。

 こんなときこそ、
 契約書や議事録、税務署への届出書等、法的に万全なものが必要であり、
 それは弊社でご提供しています。

 お話しして、お客様が、ようやく安心なさいました。

 大丈夫です。
 完全コンプリート版をご提供しますから、
 確実な仕組みを構築していきましょう。

 ☆  ☆  ☆

 霞ヶ関をチャリでポタポタ。

 紅葉の首相官邸です。
d0054704_1143237.jpg

















 議員会館と国会裏通りは、イチョウ並木が色づいています。
 枝落としされた後が生々しいです。
d0054704_1204289.jpg



















 ところどころからギンナンのにおいが。
 採集ファンがいるそうで、もう採集された後らしく、
 でも、残っているのも、ちらほらあります。
 議事堂周辺のイチョウ並木の歴史は古く、
 まだイチョウの雌雄別植される前の大イチョウなのでしょう。
 近年のイチョウの植栽は必ず雌雄別植されるので、ギンナンはできません。
d0054704_1232925.jpg
















 議事堂内部は、楠(クスノキ)など、常緑樹が多いですね。
d0054704_1272284.jpg



















 お、東京タワーの頭が見えています。
d0054704_1284586.jpg























 虎ノ門再開発の建築中のビルが見えています。
 弊社は、その足下にあります。
d0054704_1294156.jpg
















 もう空気は冬です。
 日々集合離反してヒートアップしている議員さんたちも、
 少し外の冷気にあたってみてはいかがでしょうか。

by expresstax | 2012-11-27 23:43 | プロフェッショナル  

<< ご相続のご紹介、そして紅葉のカ... 税務調査はくる?こない? 心配... >>