診断士理論更新研修、そして乃木神社ちゃりぽた   

2012年 11月 06日

 中小企業診断士の資格を更新するには、5年間に
 5回の理論更新研修と、30日間の実務従事が必要です。
 その理論研修を、去年からタメてしまったので、今年は2回、受けなくちゃなりません。

 というわけで、今日は理論研修を受けに行きました。

 テーマは、中小企業施策と、6次産業支援。

 中小企業施策では、来年3月で切れるかもしれない「金融モラトリアム法」の受け皿になる融資制度のお話が出ました。

 6次産業というのは、農林漁業の1次産業、製造の2次産業、サービスの3次産業を、
 1+2+3、したり、1×2×3、したりして、だから、6。

 つまり、農林漁業を、単に作るだけじゃなくて、加工や流通、販売まで組み立てて、
 農林漁業の経営革新を起こそう、という、これは農林水産省さんの音頭での活動です。
 TVのカンブリア宮殿でも取り上げられてましたが、
 講師の先生によれば、あれは、ほんの少数。
 多数だったら、取り上げられないと。そか。
 6次産業って、おもしろいなあ、と聞きました。

 例年、理論研修って、半分睡眠学習だったりしてたのですが、
 今日のテーマは面白くって、勉強になりました。マル。

 ☆  ☆  ☆

 今日ではないのですが、お休みの日に、ゲンコウで煮詰まって、
 近所にちゃりぽた。

 乃木神社をお散歩してきました。
 そろそろ紅葉してないかな~、と期待したのですが、まだですね。

 虎ノ門の弊社そばの桜田通り沿いに、乃木将軍の碑がありましたね。
 乃木神社の境内です。
 結婚式があったのでしょうね。記念写真の撮影後のようです。
d0054704_1451063.jpg



















 中では、カップルが、神主さんと巫女さんからお祓いを受けていました。
d0054704_1462974.jpg
















 「よりそひ橋」とあります。
 狭い橋なので、仲の悪い同士でも、寄り添わないと渡れません。
 うーん、真理だ。喧嘩してたら、状況を厳しくすればいいのか。
d0054704_1483623.jpg
















 神社から乃木会館へ繋がる渡り廊下です。
d0054704_1495097.jpg






















 稲荷神社があって。
d0054704_1514481.jpg


















 お稲荷さん入り口のシイの木の下には、ドングリが。
d0054704_1531232.jpg
















 外苑東通りが、旧乃木邸の入り口です。
 赤坂通りの乃木公園サイドから上がって、外苑東通りへ抜けました。
 乃木会館、乃木神社、旧乃木邸、乃木公園が、一体となって、
 赤坂通と外苑東通りに交差する角にあります。
d0054704_1591078.jpg

















 乃木希典将軍宅です。
 軍人さんのお屋敷らしく、木造の、質素な建物です。
 屋根に、石造り様の煙突が見えます。真下が暖炉なのでしょう。
d0054704_1392920.jpg



















 こちらが玄関。半地下のような配置です。
 お屋敷が、山の中腹に建てられてるということですね。
 震災で損壊したので修復中、入れません、となっています。修復って時間がかかるんですね。
 1902年築で、築110年ですから、建っていることのほうが驚異です。
d0054704_212179.jpg
















 廐(うまや)です。入り口に、お馬さんの名前が書かれています。
 右に、水飲みの井戸がありますね。
d0054704_264616.jpg 



















 乃木公園の上から。赤坂通りから外苑東通りへの傾斜の様子がわかります。
d0054704_28975.jpg 

by expresstax | 2012-11-06 23:22 | 研究

<< 来たときよりも美しく、そして銀... 賃貸不動産設置の全量売電太陽光... >>