山中教授のプレゼン資料、そして虎ノ門の秋のひまわり   

2012年 10月 29日

 ノーベル賞をとった山中教授のプレゼン資料についての「アエラ」の記事を、面白いなあと読んで、
 なにげにネットで検索したら、あらあら、プレゼン資料「今後のiPS細胞研究」そのものが。

 アメリカからの帰国後のPAD(Post America Depressionポストアメリカデプレション)
 =英語なし・セミナーなし・お金なし・ディスカッションなし・ネズミの世話地獄から
 うつ状態になったこと。

 チームジャパンに参加せよ、の訴え
 山中研は、駅伝チームハーバードやチームMITの脇を、一人で駅伝を走っていること。

 チームジャパンには、チームハーバード1200億円/10年に追いつけるような十分な研究費が必要なこと。

 素人にもわかるプレゼンですね。(^^)

 それにしても、日本のお金も、技術も研究も、どこに行ってしまったのでしょう。 

 ☆  ☆  ☆

 桜田通りのひまわりが、咲き始めました。
d0054704_3252087.jpg















 もう少し行くと、さらに大きな2本が。咲いていますね。
d0054704_3261221.jpg














 事務所1階の港区施設「とらとぴあ」のカフェの外の朝顔が開いていました。
 もう、10月も終わりですのにね。
d0054704_3274729.jpg 

by expresstax | 2012-10-29 23:57 | プロフェッショナル

<< 会計検査院の意見書に相続税額の... ご相談は長時間、そして永田町ロシェル >>