税理士飯塚美幸のひとことメッセージ

by expresstax

設備投資は先手、そして虎ノ門の朝顔

 備品を揃える、グレードアップする、などの設備投資。

 業種にもよりますが、オフィスワークで考えるなら、
 先進設備ほど、安価でスピードが速く、高機能です。

 ならば、いずれは更新する設備投資が日程に上ります。

 いずれは投資するものなら、先に導入してしまうのが吉。

 便利で高機能で、業務でスピードアップが図れれば、それだけ生産性が上がります。
 効果はそれだけにとどまりません。

 それら設備を使う従業員さんのモチベーションが上がるのです。
 他社より古く使い勝手の悪い設備でお仕事するのと、
 他社より一歩先んじて、すいすいお仕事するカッコ良さと、
 当然、従業員さんは、カッコ良さに満足します。
 それがモチベーションに繋がり、会社へのロイヤリティに繋がります。

 その違いは、ほんのちょっとのタイミングの差なのです。
 昔のような高金利時代ならともかくも、
 今の時代に、買い控えは、機会損失ともいえるでしょう。

 ほんのちょっとの違いなら、
 たった一歩先んじて、
 大きな一歩の違いを、体感させ、見せつけてしまいます。
 それが経営です。

 ☆  ☆  ☆

 虎ノ門の環状二号線再開発の道路用地が、柵で囲われています。
 その瓦礫の中に、
 なんと青紫の朝顔が、びっしり咲いています。
 もう10月も下旬。
 ひまわりといい、いったいどうしたことでしょう。
d0054704_147795.jpg
by expresstax | 2012-10-18 23:21 | 経営