信託の実務は「たらい回り」、そして秋のひまわり?

 信託について、確認しなければならないことが起きました。
 どこにも書いてないし、誰も触れていません。
 
 完全に実務ベースの問題ですから、きちんと押さえないと、ひっくり返ったら大変です。

 ここから先は、ということで、(一社※)信託協会さんにお尋ねしました。
 こちらは、信託相談所という相談室を設けているので、電話でも懇切丁寧に対応してくれます。
  ※一般社団法人

 でも、その問題は、最後、実務の取扱い。
 相談官さんから、今度は金融庁さんでないと、ということになり、
 直接の担当は、関東財務局さんと、紹介を受けました。

 んで、関東財務局さんでは、やはりとても丁寧にお話が伺えました。
 一部については、弁護士さんに聞いてください、とも言われちゃいましたが、
 このあたりで、感触はつかめました。 

 「たらい回し」というより、「たらい回り」ですね。
 主務官庁さんをはじめ、ぐるぐる周辺から意見を聞きます。

 こうして、アナやモレのないように、理論と実務と、応用の肉付けをしていきます。

 ☆  ☆  ☆

 事務所そばの桜田通りに、おや?
 すっくと背の高い植物が。
 ひまわりのようです。
 植え込みからはみ出ていますから、どこからか、種が飛んできたのでしょうか。
d0054704_0202017.jpg




















 近づいて、てっぺんを覗くと、なんと、つぼみが。
 こんな時期に。
 無事に開いてくれるでしょうか。
d0054704_0183290.jpg

by expresstax | 2012-10-17 23:47 | 法律  

<< 設備投資は先手、そして虎ノ門の朝顔 不動産ソリューションフェア20... >>