税理士飯塚美幸のひとことメッセージ

by expresstax

固定資産税評価チェックと相続税試算

 6月7月は、固定資産税評価チェックで大奮闘でした。

 4月に納税通知書が送付される自治体では6月中旬、
 6月に納税通知書が送付されるお客様は8月初旬が、
 もし評価額に問題あり!とあれば、審査申出を行う期限です。

 平成24年の今年は、その評価替えの基準年。
 評価額についての申出は、今年のこの期限内が原則でした。

 弊社のお客様は、評価チェックに果敢に挑戦。
 あるいはご自身で評価チェックが難しいお客様は、弊社にご依頼いただいてチェック。

 やってみて、出ました出ました、多々、論点が出てきました。

 期限を待たずに、順次、自治体に申し入れて、申し入れが聞き届けられない場合は、
 審査申出を、という方針ですすみめました。

 しかし、審査申出を大上段に振りかざすまでもなく、
 各自治体とも、現場で、対応してくれています。

 固定資産税評価チェックを、弊社にご依頼になったお客様の本命は、相続税試算。
 相続税試算のための資料入手や算定のプロセスで、
 ちょうど固定資産税評価チェックもできてしまいますから、

 そこで発見した固定資産税評価の修正事項は、
 いわば、「行きがけの駄賃」です。

 弊社の「固定資産税評価チェック手順書」でチェックなさったお客様は、
 「ついでに」相続税試算も、という逆バージョンもありでしょう。

 そんなこんなで、お盆明けには、各自治体から、回答や対応が出そろってくるようです。
 楽しみに、待っていることにしましょう。
by expresstax | 2012-08-13 23:58 | 固定資産税