ブラフ(ふっかけ)に負けない

 超好立地のビル賃貸のお客様のお話です。
 お客様のビル賃貸契約では、更新料規定があります。

 その所有ビルのテナントが、
 更新時に更新料を払わず、次の更新時に契約書を書き換えるという条項を入れるなら、
 今回のみ更新料を払うと、仲介業者さんを通じて、告知してきました。

 そのテナントは、ナショナルブランド(全国展開)の上場会社。
 上場会社なら安心と、仲介業者さんに勧められて、賃貸をしたのです。

 ところが、契約履行をするのに、契約変更を求めるという、とんでもない要求です。

 実は、このテナントは、昨年にも、東日本大震災直後に、賃料減額請求をつきつけてきた、という過去がありました。

 そのときは弁護士と話して、無視し、他の社会動向をみながらと、静観しました。
 世のオーナーにとっても、厳しい状況だったからです。
 結果、減額請求の話は立ち消えました。
 ブラフ(はったり・ふっかけ)だったのです。

 あの時期の緊縮ムードに流されて、オーナーサイドが折れてくるのを様子見していたようなテナントの姿勢に、お客様と我々は、腹を立てていました。

 そして、今回の更新料不払い。

 今回は、こちらも速攻、弁護士を通じて、内容証明で、
 契約変更には応じない、契約通り、期日までに更新料を払え、
 それが不満なら退去すべし、との旨を送達しました。

 確かに、事業賃貸の場合、更新料がない契約が多いのは事実です。
 もうこの時代に、更新料はダメなのか、と若干弱気になることもあるかもしれません。

 事業賃貸なのだから、契約至上主義。絶対、押し返せる!と、
 何度か、大丈夫ですよ、と、励まして差し上げながら、成り行きを見守りました。

 弁護士と、内容証明の期限がきたけど、音沙汰ないね、と話していましたら、
 するりと、更新料が振り込まれていました。

 やっぱりね、とお客様と顔を見合わせました。 
 結局、今回も、ブラフです。

 おそらく、強面(こわもて)の法務部が、タイミングを見て、自社に有利に、揺さぶりをかけることを常套手段としているのでしょう。
 弱気でいたり、動揺したりのオーナーさんは、耐えきれないと、屈服してしまうかもしれません。

 マーケット(市場)判断と、法の原則と、力の綱引きと。
 お客様は、今回の事件で学習され、また一段階、強くなられました。
 よかったです。

 難しい時代ですが、胸を張って、勝ち抜いていきましょう。 
 我々が、ついています。
by expresstax | 2012-06-22 23:56 | 不動産

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax