税理士飯塚美幸のひとことメッセージ

by expresstax

税務調査の訓練は、そして紫カタバミときのこ

 国税さんの税務調査の新人研修のテキストを見る機会がありました。

 具体的な資料にもとづいて、何を発見し、どう指摘し、どう指導し、
 どう否認するか、といった手取り足取り、微に入り細に入り、の内容です。

 新人研修テキストですから、
 多少臨場調査に慣れた税理士なら、まあ、こんなものかな、と思える内容ですが、

 もちろん、あちらはプロ。
 だから、そうした研修が行われるのは、当然のことといえば当然なのですが、
 片や、税理士の場合、修行時代のボスや上司や先輩を、見よう見まねで覚えるだけで、
 オフィシャルなマニュアルや実務研修の機会は、ほとんどないと思います。

 時折見かける元国税出身税理士さんの税務調査対応法的な研修も、
 決して体系だって行われているようには見えません。
 (その理由は何となく想像がつきますが、ここで書くのは控えます。)

 でも、税理士こそ、税務のプロなんです。

 体系だった顧客指導法や調査対応法など、なんとか準備されないものかなあと思いながら、
 そのテキストを読みました。
 
 ☆  ☆  ☆

 事務所のエントランス前の里桜の横。
 やはり大きな桜の木があったのですが、
 移植からわずかで枯れてしまったのか、邪魔だったのか、
 根元からバッサリ切られています。
 植え替えられる様子もありませんね。

 でも、その根元に、かわいい小さな花が。
 紫カタバミですね。洋名オキザリスです。
d0054704_204084.jpg















 桜の切り株に白いものが。
 なんと、キノコですね。うーん。
d0054704_1561041.jpg
by expresstax | 2012-05-31 23:47 | 税務調査