情報の共有とよってたかって主義、そしてハナミズキ

 昨日は携帯電話で、お客様と直接つながる話を書きましたが、
 その反面の問題は、情報の共有化です。

 ダイレクトにお客様とつながるにせよ、
 お客様の問題解決のポイントは、チーム力です。

 案件が大きい、複雑、長期、というときに、個人の力では限界があります。

 それだけでなく、お客様に総合的にお役に立つためには、
 お客様と接するあらゆる局面で、全員がお客様に意識を集中する必要があるのです。

 このあたりは、事務所によっても方針が異なります。

 生半可な情報で混乱を避けるために、担当者以外に、一切知らせないという方針の事務所もあります。
 弁護士事務所はその最たるものです。
 弁護士100人の法律事務所でも、FAX番号は全部別々。そこまで徹底して情報を閉鎖します。

 無関係なチームに、ダダ漏れで情報が流れるのはよくありませんが、
 徹底した情報管理のもとでは、チーム内の情報共有は、とても重要です。

 大きな、複雑な、長期の案件は、チームで担当しますから、
 お客様の事案について、情報を共有し、
 取りこぼしなく解決を進めるためには、チーム内の報告・連絡・相談・打ち合わせです。

 特に、打ち合わせが大事で、可能な限り、報告し、次の次のと、打ち合わせを行います。

 個人の力量の比重の重くなる個人事務所では、
 意識して打ち合わせを重ねることです。

 情報が、お客様からダイレクト・インで入ってきたときに、
 受け取った人が、すぐさま、グループウェアに、
 データ記録に、スキャンデータにと登載していくことで、
 また、自分の担当以外のデータにも気を配ることで、
 共有化はできていきます。

 チームが一緒にお客様にお声掛けし、知恵を出し合い、解決手法を編み出します。
 自分の担当を飛び越えてもいいのです。
 知恵のある人は知恵を、情報のある人は情報を、力のある人は力を出し合って、
 それがよってたかって主義です。

 お客様が、1本電話したときに、一歩事務所に入ったときに、
 暖かく電話で応対する、
 全員で手を広げてお迎えする、
 事務所全体が、ひとりのお客様に、1社のお客様に、よってたかってお手伝いする、
 そんな体制が作っていけるのです。

 ☆  ☆  ☆

 ハナミズキの花が開き始めました。
 新緑に白のハナミズキは、とても映えますね。
d0054704_055656.jpg

by expresstax | 2012-04-25 23:52 | お仕事  

<< 年次大会での連年報告、そしてサ... 携帯電話はダイレクト・イン、そ... >>