携帯電話はダイレクト・イン、そしてロシア大使館

 ビジネス電話で、会社代表電話でなく、各部署や個人に番号が割り当てらる、
 直通での電話をダイレクト・インといいます。
 仕事のスピード化にはよいのですが、情報の共有化が難しくなります。
 
 もう、この15年ほどは、携帯電話でのお仕事が増えています。
 さすがに昔は、携帯電話の音質が悪く、携帯からかけるのは失礼、というマナーがあったりしましたが、最近はもうそんなこともありません。

 むしろ、携帯電話で、お客様から、そしてお客様へとダイレクトに連絡が通じ合い、
 まさにダイレクト・インです。

 接客等で、すぐ電話に出られないときもありますが、
 着信チェックで、折り返しすればいいだけのこと。

 ほとんど、出先で、ダイレクトにご相談を受けて、ダイレクトにご回答し、
 ダイレクトに予定が進みます。

 予定は、その場で、携帯電話(私の場合はスマフォ)のグループウェアでチェックし
 入力してしまうので、アポイントも、その場で受けられます。

 過去には、事務局さんや社員さんの手を煩わせていたことが、省略されていきます。

 特に、ネットやグループウェアが携帯電話やIPADで操作できるようになったことが
 画期的なのでしょう。
 どこにいても、一人で仕事ができてしまいます。

 腕っこきの専門家と、携帯電話で、ダイレクトに連絡がとりあえる関係になっていれば、
 ネットの半端な知識より、よほど優秀な知恵袋をぶら下げているようなものです。

 ツイットやメールより、その場でのやりとり、
 つまり、即時性の高い質疑や提案が可能です。

 お客様が、そのような使い方をなさるようになりました。

 携帯電話で、ダイレクトに選ばれていく専門家。
 それも、ネットや文字ではなく、極めてリアルな「人」そのものの関係性として。

 こうなると、事務所も会社も関係ありません。
 優秀で信頼性の高い人が選ばれていきます。
 相性がよく、わかりあえ、生涯をともに進める人が選ばれていきます。

 そして資料は、メールのファイル添付で即時確認できます。
 打ち合わせは、もう必ず、対面相談。
 対面のときには、意思決定、結論が出ています。 

 ほんとうに、P to P (人から人)への
 時代の流れです。

 こんな時代を、待っていました。

 ☆  ☆  ☆

 麻布のロシア大使館前です。女性の後ろ姿もロシア風です。
 道路脇の向こうには、装甲車がいかめしく4台、並んでいます。
 警官の警邏、居並ぶ装甲車は、赤坂のアメリカ大使館と変わりませんが、
 建物の雰囲気は、ずいぶん違います。
d0054704_0421048.jpg

by expresstax | 2012-04-24 23:55 | お仕事  

<< 情報の共有とよってたかって主義... 青色申告の取り消しと取りやめ、... >>