税理士飯塚美幸のひとことメッセージ

by expresstax

サントリーさんの個人資産ランキングと相続株、そして事務所の里桜

 毎年、富豪ランキングがアメリカの雑誌フォーブスの調査で発表され、
 誰が一番だの、上がったの下がったの、話題にのります。
 特に、日本の高額納税者の公示制度が、平成16年分を最後に、なくなってからは、
 フォーブスが数少ない富豪ランキングの一つになりました。
 
 今年3月末に発表された日本の富豪40人の
 トップは、8,800億円のユニクロの柳井正社長で、3位がソフトバンク孫正義社長、4位が楽天の三木谷浩史社長、と。

 そして昨年は、ランキングから消えていて、今回2位に返り咲いているのが、
 サントリーの佐治信忠社長です。

 上位のいずれも上場株の時価ベースで、資産額計算をしているでしょうが、
 サントリー(正しくはサントリーホールディングス)だけは連結年商1.8兆円ながら、株式が譲渡制限された非上場会社です。

 そして、佐治家(鳥井家)の同族会社であり、大阪本社の資本金1.2億円の寿不動産という親会社に90%以上の株を持たれているんですね。

 佐治社長の資産の多くはその寿不動産の株なので、その時価算定って、ちょっと調査が必要、というだけでなく、
 実は、寿不動産の筆頭株主だった99歳の鳥井春子さんのご相続で、
 その株式がサントリー芸術財団に寄付されて、財団が13%で筆頭株主になっちゃったりしています。
 相続で公益法人に寄付した場合は、自社株といえど、相続税は非課税(租税特別措置法70条)。
 究極の相続税対策の王道ですね。
 相続税を物納しようにも、非上場会社株では、簡単ではなかったはずですから。

 フォーブスの富豪2位の佐治信忠社長は、春子さんの甥御さん。
 所有資産の計算には、こんなところも影響してきますね。

 昨年のランキングからはずれたのは、資産が減ったからではなく、
 フォーブスが、この時価算定の調査のために、対象からはずしたためなんだそうです。

 ちなみにサントリー芸術財団の
 サントリーホール館長は、鳥井春子さんの甥で佐治信忠社長の義兄である堤剛さん、
 サントリー美術館長は、鳥井春子さんの甥で佐治信忠社長の従兄弟(いとこ)である鳥井信吾さんです。

 サントリーは赤坂にご縁が深く、
 アークヒルズのサントリーホールやサントリー美術館(住所は赤坂です。)だけでなく、
 元赤坂に会社があるため、赤坂氷川神社のお祭りなど、ご当地メセナではおなじみです。
 返り咲きの様子、ちょっと気になったものでしたから。 

 ☆  ☆  ☆

 事務所マンション前の里桜です。ちょっと遅咲きで、縦に枝が伸びます。
 向こう側は、「かの」西松建設さん、右側は、虎の門再開発工事現場です。
d0054704_23415218.jpg
by expresstax | 2012-04-20 23:14 | 資産運用