資産税の税理士ノート

スキー&スノーボード2004-2005

デビ夫人裁判は高裁も敗訴、そしてイチョウの若葉

 以前ここで触れたデビ夫人裁判

 その後、昨年の平成23年5月31日に東京地裁で敗訴判決が出ていました。
 デビ夫人は、東京高裁へ控訴。
 その控訴審の判決が、この平成24年4月10日に出ていたのですね。
 結果は、変わらずデビ夫人の敗訴。

 パリの不動産を所有するパナマ籍の法人が、パリに所有する不動産を売却、
 その売却代金を、1人株主であるデビ夫人が個人口座で受け取ったのは、
 株主としての配当所得であるとの認定です。
 原告は、送金は、あくまで仮払だと主張したそうですが、
 平成16年の送金を、いつまでも仮払というのはありえないとされたようです。
 決算書に、ほんとうに仮払金として計上されていたなら、
 配当課税までの認定はできないでしょうから、
 どういった会計処理がされていたのか、困ったことです。

 ファミリーカンパニーである法人も個人もごちゃまぜ経理して、
 ごちゃまぜ資金融通使用していた様子を、
 法形式で、バッサリと裁断されてしまった事件です。

 ☆   ☆   ☆

 この事件とは別に、

 ときおり、ご相談者様の法人決算書に、
 仮払金だの仮受金だのが、
 堂々と、計上されたのを拝見します。

 仮払金や仮受金と、期中処理することはあっても、
 それが、前払金か、前渡金か、立替金か、買掛金か、
 預かり金か、前受金か、
 内容を特定して、いずれかに明瞭表示するのが、決算です。

 仮払金が、決算で残るなんて、
 決算がまともに行われていないことを露呈しているとしかいえず、
 非常に恥ずかしいことだと思うのですが、

 同族中小会社でも、会計の基本をきちんと踏まえられないと、
 とんでもない認定と、不名誉なそしりを受けかねないのですね。

 ちょっと自社の決算書を、とくと振り返っていただいて、
 万一該当していたら、速攻、対処していただきましょう。

 ☆   ☆   ☆

 桜が散り始めたと思ったら、
 桜田通りの銀杏並木に、イチョウの若葉が。
d0054704_0495032.jpg















 道路際には、タンポポです。
 こんにちは。
 今年も、会えたね。(^^)
d0054704_0513347.jpg
by expresstax | 2012-04-19 23:14 | 税務調査
<< サントリーさんの個人資産ランキ... 改正減価償却での減価償却見込計算 >>



税理士飯塚美幸のひとことメッセージ
by expresstax
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
自己紹介
税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。
最新の記事
タグ
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism