24年公示価格4年連続下落、そして青色申告スタート   

2012年 03月 22日

 昨日、公示価格がもうじき、と書いたら、
 今日、さっそく公表されていました、24年地価公示価格。
 住宅地で▲2.3%、商業地で▲3.1%ですが、下げ止まり、というのがおおかたのようです。
 このレベルで、7月発表の相続税路線価も決まります。
 さらに、もうじき、基準年となる固定資産税評価額の公表がありますが、
 これで、公的な土地評価が、だいたい決まるわけです。

 ☆  ☆  ☆

 今年から、事業をスタートなさったお客様。
 確定申告のあいだお待ちいただいていて、
 さっそく、青色申告の承認申請書のご捺印にお越しくださいました。
 ありがとうございました。
 
 個人は、事業開始から2か月以内、
 法人は、3か月以内に、青色申告承認申請書を提出することで、
 その年から青色申告にできます。

 できます、というのは、

 青色申告では、個人の場合なら、
 一番簡単なバージョンで、お小遣い帳レベルの簡易簿記で、非課税10万円の青色申告控除や30万円未満の少額減価償却資産の経費化、損失がでた場合の3年間繰越控除、1年前への繰り戻し還付など、特典が使えちゃいます。

 複式簿記かつ3月15日までの確定申告(不動産所得の場合は5棟10室規模以上)で、非課税枠65万円や家族給与支給OKなどの特典が増えるアップバージョンもあります。

 税理士の名前もしっかり入れて、これで何かあっても国税さんには、全部税理士が対応しますから、特典は使いーの、代理人は入れーの、で安心して事業を始めていただくことができます。

 今日は、事業上の銀行口座の決定や、記録の付け方、収入と経費のお金の流れの仕組み作りを、がっちりレクチャー。
 ね、事業も経理も、簡単でしょ、というスタートです。

 事業スタートしてから数年して、
 ごちゃついてしまった経理を整理整頓しようとすると、
 経理合理化運動!として、お仕事の流れの断捨離を断行せざるを得ないんですが、

 初めから、ご一緒にスタートすれば、
 そもそもから、徹底的に無駄を省いて、
 簡単、明解、らくちん、適正、有利!な経理ができちゃいます。

 何かわからないことはありませんか?
 他に、気になることはありませんか?
 どんな些細なことも、口に出し、聞いていただくことで、
 形が明確になり、手順が見えて、不安がなくなります。

 スタートしてから、また、ぽろぽろ、不明点がでてくるでしょうから、
 そんなときは、その場で、顧問先様専用携帯電話で、即聞き、即解決。
 問題が起きても、メールやファックスで、資料を送っていただき、現行犯逮捕!
 それが弊社流です。

 それを1年もやれば、たいがいの目鼻がついてきて、
 2年目からは、ふんふん、と納得しながら進められ、
 3年目には、片目をつむっていたって、できちゃいます。

 その頃には、事業の成果は、がっちり固まって、
 次の成長ステップに上がります。
 
 大丈夫。
 弊社のお客様達は、みんなそうして、
 知らず知らずに成長なさって、成果を形にしていらっしゃるお客様ばかりです。
 一緒に、進みましょう。  

by expresstax | 2012-03-22 23:59 | 不動産

<< 固定資産税問題のそもそもの原因は 円安・株高・再開発 >>