政府税調は夜中で決着、改正大綱出たけれど、そして紅葉

 政府税調の大綱決定が、夜の9:50分に予定されていて、
 様子を見ていましたが、ちっとも、発表されません。

 決まったけれど、お役人のこと、発表は明日以降となるのか、
 もつれ込んで決まらないのか、
 どっちだろうと思っていたら、
 未明に、ようやく決まったのだそうで。
 新聞朝刊の入稿の締切が朝の2時頃でしょうから、その直前、ということでしょう。

 結局、
 住宅贈与税制の若干の拡大での延長、
 特定資産買換は、昨日書いたとおり、大企業だけ保護の増税で延長。
 固定資産税は負担水準抑制による負担調整を厳しくして増税、ということです。

 自民党が出している「平成24年度税制改正についての基本的考え方」も、民主党への批判と3党合意を出るものではなく。

 そこでも触れている相続税の増税は、抜本改革に持ち越しとの方向は3党合意のままです。
 
 政府や民主党の「税と社会保障一体化」案と、自民党の抜本改革案と。

 「税と社会保障一体化」の根底には、納税者番号制度の整備があります。

 相続税の大衆課税化・高所得者層への所得税・相続税増税は、
 納税者番号制度の構築によるデータベース化・所得と資産の徹底捕捉体制なしには、
 行政庁が追いつかないからです。

 年金議論・社会保障議論の本質は、納税者番号制度なのです。

 ☆  ☆  ☆

 お客様からのお客様のご紹介が連続しました。 
 ありがとうございます。

 数ある事務所の中から、弊社にお声がけいただけたこと、
 光栄に思います。心して、対応させていただきます。

 ☆  ☆  ☆

 中庭のカスケード(段差の滝)の紅葉です。
 建築から3年。当初設計デザイン通りの情景なのでしょう。
d0054704_3242070.jpg











 






 桜田通りの銀杏並木の黄葉です。陽当たりのいい樹は、まだ緑ですね。
d0054704_328143.jpg
by expresstax | 2011-12-10 01:36 | 税制改正

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax