比準要素1の会社にならないための利益金額、そして花水木の実

 以前、ここで自社株評価の類似業種比準価額の計算で、
 比準要素2以上がゼロ、つまり、比準要素数1の会社は、類似業種比準価額が採用できず、
 純資産価額評価となることを書きました。

 特に含みの多い資産を持つ会社様の場合、純資産価額評価が高額になり、
 相対的に低い類似業種比準価額と加重平均することで、
 株価を低くできますが、
 この比準要素数1の会社になってしまうと、それがアウトなんです。

 他にも、株式や土地の保有割合の高い会社・開業3年未満会社・開業前・休業中・清算中の会社が、
 「特定の評価会社」と呼ばれ、同様に、純資産価額評価を強制されます。

 中小同族会社の場合は、純資産はある、配当はしない、会社が多いでしょうから、
 利益がなくなると、あっけなく特定の評価会社になってしまうんですね。
 
 したがって、含みの大きい会社様、資産会社様は、
 赤字にならないように、気をつけていただかねばならないんです。

 では、黒字って、1円でも出てればいいのか、というと、
 そうはいきません。

 自社の直前期末の資本金等の額(法定資本金+資本剰余金)÷50円
 =1株あたり50円とした場合の発行済み株式数を出します。

 そして、この発行済株式数を上回る利益(課税所得から計算するんですけどね)を出せば、
 とりあえず、その期は利益のある会社となります。

 例えばですね。
 資本金等の額=1,200万円の会社が、5万円株で240株だったとしても、
 1株あたり50円で計算すると、24万株発行していることになります。

 だから、その期に、24万を上回って、例えば調整後25万円の所得が出ていれば、
 25万円÷24万株=1.04・・円ですから、晴れて、利益あり、となります。
 反対に、調整後課税所得が、23万円ですと、1円を切ってしまって、利益ゼロとなっちゃうんですね。
 アブナイアブナイ、です。

 この数字の前々期と、前々々期との平均でクリアすることもできます。
 が、どこかでこの利益1円以上を、確保することです。

 ですから、単純に、まずは、自社の資本金等の50円換算の株式数を、覚えておいてください。
 その株数で1円以上の利益は最低出す、と、頭の片隅に入れておきましょう。

 もちろん利益が高ければ、株価も上がりますが、
 自社株の評価を気にして、会社を萎縮させてしまうのはナンセンス!

 自社株の計算だけして終わらせず、
 自社株を、相続税から切り離してしまうための、後継者株保有体制を作ってしまうことです。
 
 知るべき知識を知って、やるべきことを早めにやっておけば、
 伸び伸びと会社を成長していけます。
 がんばりましょう!

 ☆  ☆  ☆

 自宅そばの花水木の紅葉と真っ赤な実です。
 急に冷え込んだ空気の中で色づいていました。
d0054704_4322128.jpg
by expresstax | 2011-12-02 23:49 | 相続・贈与

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax