名刺とメールアドレス

 新規のご相談が続いています。
 ご相談は、100%、紹介者様を通じてか、直接講演を聴いた・寄稿記事を読んだ、という方々です。
 
 いろいろな機会にお会いする方々他にお渡しする名刺は、住所と事務所名・電話・FAXだけのもの。
 メールアドレスは、入れていません。

 このブログにも、メアドは入れていないんですね。
 初見の方、あるいは名刺交換だけの方からのメールは予定していません。

 そのため、最初のコンタクト・ご連絡は、電話でいただくことになります。

 名刺にメアドを入れていないのは、メアドが流出することでスパムメールがたくさんになってしまうからです。
 特に専門家の先生には、メール扱いが不慣れな方がいらっしゃるようで、以前に専門家のメーリングリストにアドレス掲載したら、とたんにスパムが激増し、閉口しました。

 このブログと別に、ホームページの作成依頼をして、その試行画面にほんの瞬間、infoアドレスが掲載されただけで、その後infoアドレスには続々とスパムメールが入ってきて、貯まります。
 掲載されてしまい、すぐ消してもらったのですが、それでも時既に遅し、です。
 メアドの露出は、それほど、ロボット検索などで拾われてしまうんですね。

 infoアドレスは対外用のアドレスとして設定し、事務所ニュースにも記載しているので、はずすことができず、
 結局、スパムのすきまからときどき入ってくる本物のメールをチェックするという作業をしているという、トホホ状態です。

 そのため、顧問先様には、顧問先様専用名刺を、別途にお渡ししています。
 これには、携帯電話アドレスやメアドを、でかでかと記載し、24時間、いつでも対応しますとさせていただいています。

 顧問先様以外にも、名刺をお渡ししながら、メール連絡の必要な方には、メアドを対面でお伝えするということをやっています。
 不便でもありますが、弊社の仕事は、大量受注で数をこなすという仕事ではありません。
 また、ふらっと一見様(いちげんさま)にお寄りいただく、という仕事でもありません。

 こうしておけば、ブログをごらんいただいての初めての方のご質問でも、
 電話であれば、肉声でのお話のやりとりで、
 ご質問者様の人となり、事案の詳細内容、緊急度などが理解できて、ご質問にも答えやすくなります。
 
 弊社は、1995年の開業で、ウィンドウズ3.1時代からパソコンを導入し、
 1997年からホームページ「税金超特急」を開設しました。
 ネットもメールも、おそらく業界では一番真っ先に対応し、多用し、
 おそらく現在の日本で一番の税務データベースを駆使していますが、
 創業期から、今に至るまで、実は、お客様とは、徹頭徹尾アナログです。
 
 資産税という非常にセンシティブな仕事の性格上、
 ちょっとご不便をおかけしながらも、今後もこの方法で進めたいと思っています。
 よろしくお願いします。

by expresstax | 2011-11-24 23:56 | お客様  

<< 財源確保法案は衆議院通過、参院... 遺言についての支部研修、そして... >>