税理士飯塚美幸のひとことメッセージ

by expresstax

楼外楼飯店の破産、そしてお土産をありがとうございました。

 赤坂二丁目の溜池山王駅そばに、楼外楼飯店という50年の歴史の
 老舗の中国料理店がありました。
 
 在りし日の楼外楼飯店の写真です。Seventh Heaven のネオンが点いていた頃です。
 最高の天国といった意味らしいですが、政財界の会食に利用されたとか、
 菅さんや鳩山さんが通ってたとかのお店です。
 私が最初に行ったのは、お客様からのご接待を受けて、
 そのときは絢爛豪華な上海料理に舌鼓を打ちました。
d0054704_0125758.jpg










 その後、たまたまご近所に暮らすことになり、
 週末のブランチに通って、手抜きのない料理と
 必ずウォーマーで出される上質なウーロン茶をうっとりといただいたものです。
d0054704_0265745.jpg











 

 ところが、今年2月頃、閉店。
 7月頃に、同じ町内の赤坂見附よりに小さな店舗で再開したと聞きました。
 楼外楼飯店は、六本木などにも出店しているはずですから、
 どうしたんだろうねぇ、と話していました。
d0054704_030931.jpg

















 先日通りかかると、もう汚れたドアに、張り紙が。
 「告示書」とあり、「有限会社楼外楼」は平成23年9月に破産宣告されたと、
 破産管財人である弁護士さんの文書です。
d0054704_0374477.jpg















 50年も続いた会社なのですから、本業での破綻ではありますまい。
 不動産にせよ、ほとんど償却も済んで、利益の塊といえるでしょう。
 特段無理な背伸びの出店をしていたようには見受けられません。
 それがなぜ?

 考えられるのは、オリンパスに見るような、本業以外の投資の失敗です。
 あるいは大王製紙に見るような同族役員の放漫か。

 本業以外の、不動産や投機相場への投資に、
 本業資金や、本業資産担保の資金を注ぎ込んで、それが吹き飛べば、
 あっけなく手許割れを起こしても不思議はありません。
 
 それにしても、こうなる前に何とかならなかったのかと、
 いつも思ってしまうのですが、
 弊社のお客様はせめて、しっかり足元を固め、がっつりやっていただけるように祈ります。
 がんばりましょうね。

 ☆  ☆  ☆

 お客様からのいただきものです。

 黒糖のおまんじゅうです。お三時においしくいただきました。
 ありがとうございました。
d0054704_0491236.jpg

















 とても貴重なイスラエルのワインです。ありがとうございます。
d0054704_0533328.jpg



















 お客様の扱い商品を、クーラーバッグでお持ちくださいました。
 上から時計回りに、ちりめんしらす・塩辛・生ウニ・たらこ・柵どり中トロ・塩サケです。
 いずれもとんでもない最上級品ばかりです。
 贅沢においしくいただきました。ありがとうございました。 
d0054704_0543448.jpg
by expresstax | 2011-11-21 23:08 | 経営