復興増税の3党合意は法人税純減・所得税増税、そしてイルミネーション   

2011年 11月 14日

 11月11日、復興増税について、民主・自民・公明の3党で、
 財源確保案修正に合意が成立し、ようやく復興増税のフレームができました。
 
 復興特別所得税は、平成25年1月から25年間、所得税額の2.1%を上乗せ、
 住民税は、平成26年6月から10年間、均等割を1,000円アップ、
 同時に、退職所得の住民税控除を廃止、
 法人税は、平成24年度から3年間、実効税率5%下げと、復興特別法人税2.4%上げで、
  差し引き2.6%減に、平成27年度から実効税率35%に、となります。
 中小企業の軽減税率については、書かれていません。

 法人税は、差し引き純減、所得税・住民税は増税、という結論です。

 高所得者にはますます厳しく、法人は復興増税を入れても少し有利に、という展開です。

 これに、いよいよ、消費税増税議論が始まります。

 ☆  ☆  ☆
 
 やはり法人化有利、なんですね。

 今日も、法人新規設立のお客様が、登記書類へのご捺印。
 司法書士先生へとお手渡しなさいました。

 所得税対策だけでなく、資産承継・資産整理、ご親族様へのお気持ち、
 さまざまな想いと意義を込めての法人設立です。

 土地の評価は、思いのほか、有利に運べました。
 評価額によっては、困難な局面も予想されたのですが、
 案ずるより産むが易しでしょうか。
 お客様の前に、数字が道を開いてくれます。

 法人格、という言葉の通り、
 法人化は、ほんとうに一人の人格を生み出すような作業ですね。

 いよいよです。
 がんばって進めましょう。

 ☆  ☆  ☆

 夜が寒くなりました。
 帰り道でのホテルオークラのエントランスのクリスマスツリーとイルミネーションです。
d0054704_020645.jpg

by expresstax | 2011-11-14 23:48

<< 年内業務、年内相談、そしてミッ... お客様同士のお見合い、そしてク... >>